GJ > 競馬ニュース > 福永祐一「ワグダービー制覇」
NEW

JRA福永祐一「ワグネリアン日本ダービー制覇」宿願成就に涙! 3連単配当は驚愕の「200万超」で平成ダービーを締め

【この記事のキーワード】, ,
JRA福永祐一「ワグネリアン日本ダービー制覇」宿願成就に涙! 3連単配当は驚愕の「200万超」で平成ダービーを締めの画像1

 27日に開催された競馬の祭典・日本ダービー(G1)は、5番人気ワグネリアンが見事な差し切り勝ちで悲願の制覇を達成。2着には4番人気エポカドーロ、16番人気コズミックフォース。3連単は2,856,300円と超高配当を叩き出した。1番人気ダノンプレミアムは折り合いに苦しみ、6着に敗れた。

 関西のトップジョッキー・福永祐一騎手にとっては、念願のダービー初制覇。これまでワールドエースやエピファネイアなど有力馬に騎乗しながらあと一歩で涙を飲んできた名手が、ついに戴冠。勝利インタビューでは「福永家の悲願だった」と目に涙を浮かべていた。

 19度目の挑戦でついにたどり着いた頂点。最初の挑戦は1998年、良血馬キングヘイローだった。その時はまさかの逃げを打ち14着大敗。その時の勝ち馬がスペシャルウィークだった。スペシャルウィークは4月に死去。これもまた一つの縁といえるだろうか。

 レースはこれまでのスタイルではなく、好スタートから5~6番手を進む。直線では手応えよく上がっていたコズミックフォースを交わし、逃げ粘るエポカドーロを最後の最後で捉えゴールイン。有力各馬が折り合いに苦労する中、好位置で終始落ち着いたレースを展開したのが最大の勝因か。思い切って位置を取りにいった福永騎手の好騎乗といえるだろう。

 まさに「人馬一体」の走りで栄光を掴んだ福永祐一とワグネリアン。ちなみにオーナーの金子真人氏はこれでダービー4勝目(キングカメハメハ、ディープインパクト、マカヒキ)。まさに驚異的な成績だ。

 平成最後のダービーは、大きな波乱と福永騎手の歓喜の涙で幕を閉じた。そして、競馬界はここから新たな戦いの時を迎える。

JRA福永祐一「ワグネリアン日本ダービー制覇」宿願成就に涙! 3連単配当は驚愕の「200万超」で平成ダービーを締めのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  5. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  9. 宝塚記念(G1)前にドウデュース主戦・武豊が絶好調! メインレース勝利を含む「パーフェクト連対」、2歳新馬は「6馬身差」の圧勝劇
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは