GJ > 競馬ニュース > 【鳴尾記念(G3)展望】
NEW

【鳴尾記念(G3)展望】トリオンフVSトリコロールブルー!春のグランプリへのステップレースを制するのは?

【この記事のキーワード】, ,
【鳴尾記念(G3)展望】少頭数ながらも好勝負必至なメンバー揃い!春のグランプリへのステップレースを制するのは?の画像1

 阪神競馬場の開幕週となる2日(土)のメインレースは鳴尾記念(G3)。開催時期が変更され宝塚記念(G1)へのステップレースに位置づけられる。2013年からはここでの好走馬が3年連続で宝塚記念で連対しているように本番との関連性が非常に高く、今年も注目しなければならないレースとなりそうだ。

 前走は期待を裏切ってしまったトリオンフ(セ4、栗東・須貝厩舎)だが、連勝中のレースぶりを考えればここでも有力だろう。昨年から今年にかけての3連勝で小倉大賞典(G3)を制した際には、4コーナーで先頭に並びかける積極的なレースを見せると後続を寄せ付けず0.4秒差を着けて完勝している。前走の新潟大賞典(G3)も1番人気となったが、初めての左回りのレースに戸惑ったのか最終コーナーを過ぎても馬群の中の位置取りというこの馬らしくない競馬。直線では外目をじわじわと伸びてきたが4着に敗れるまさかの結果で新潟遠征を終えることになった。得意とする右回りのレースへの条件替わり、斤量も56kgに軽くなるなど、プラス材料が多い今回は重賞2勝目を狙うチャンスとなりそうだ。ただ、2走前の大阪杯(G1)では一級戦を相手にしたとはいえ負けている舞台なので油断はできない。何とかここで結果を残してもう一度G1へと挑戦して欲しいところだ。

 トリコロールブルー(牡4、栗東・友道厩舎)は宝塚記念(G1)出走のために負けることは許されない。昨年はクラシック前哨戦となるスプリングS(G2)、青葉賞(G2)で人気を集めていた逸材だが、残念ながらそれぞれ5着と7着に敗れてしまい、春のクラシックには出走することができなかった。秋を迎えようやく出走できた菊花賞(G1)でも見せ場を作れず15着と大敗してしまいそのまま休養。しかしながら3か月明けで挑んだ飛鳥S(1600万下)で上がり最速の末脚を繰り出して勝利すると、難敵が揃った前走の大阪城S(OP)でも33.3秒の末脚で差し切り勝ちと、瞬発力を活かしたレースで2連勝と絶好調だ。さらなる高みを目指すための試金石となるレースで、重賞のタイトルを手にすることはできるだろうか。

 開幕週の馬場を味方につけることができればマルターズアポジー(牡6、美浦・堀井厩舎)の逃げ切り勝ちも十分考えられる。現役の中では有力な逃げ馬の1頭であることは間違いなく、どんなレースでも自分のスタイルを崩さないことからファンも多い。前走のダービー卿CT(G3)は9着に敗れているが、さすがにトップハンデの58㎏が堪えたといったところで、2走前の中山記念(G2)ではしっかりと逃げ粘って3着を確保している。これまでの実績面から考えても別定戦のG3なら主役にもなりえるが、このところはマイル戦への出走が多くなっていたので久しぶりの2000m戦へ対応できるかがカギとなりそうだ。

【鳴尾記念(G3)展望】トリオンフVSトリコロールブルー!春のグランプリへのステップレースを制するのは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【クイーンS】ボンドガール武豊は「仲間外れ」の孤軍奮闘!? 「休み明け」C.ルメールは新潟ではなく札幌参戦
  2. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 武豊「マジック炸裂」も次走で鞍上問題発生!? 一撃“5億円”獲得「世代ナンバーワン牡馬」が参戦予定
  4. 重賞勝ち馬で「伝説」に匹敵のセントライト記念!? アルナシーム優勝で朝日杯が話題も…休養中の実力馬が秋の復帰に準備着々
  5. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  6. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  7. JRA「暑熱対策」に関係者からブーイング続出!?朝帰り避けられぬ可能性も…「遅過ぎる最終レース」に現場は戦々恐々
  8. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  9. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  10. 【クイーンS】藤田伸二を背に初重賞制覇を飾った「名牝」、今年の狙い目は武豊騎乗「恵量」の3歳馬?【東大式必勝馬券予想】