GJ > 競馬ニュース > ユニコーンSも楽勝?
NEW

JRA「栗東陣営太鼓判」2頭でユニコーンS(G3)も楽勝? 3歳ダート頂上決戦の「狙い」

【この記事のキーワード】, ,
JRA「栗東陣営太鼓判」頭でユニコーンS(G3)も楽勝? 3歳ダート頂上決戦の「狙い」の画像1

 過去にはゴールドドリームやノンコノユメなどG1優勝馬を多数輩出しており、3歳ダート馬の登竜門として知られているユニコーンS(G3)が17日(日)に幕を開ける。

 今年も素質馬たちが一堂に会した。今後のダート戦線を占う戦いになることが予想されるダートマイル戦をどの馬が制すのか?

 今回は、栗東の関係者から耳寄りな情報がもたらされたので、ご紹介しよう。

 まずはC.ルメール騎手が鞍上を務めるグレートタイム(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)だ。これまで6戦2勝[2-3-0-1]と、掲示板を外したことがない安定感ある走りを披露している。

「前走の鳳雛Sは休み明けだったものの、クビ差2着と好走。関係者は『流れが遅い上に常に外を走らされてしまった。展開に恵まれずに負けたものの勝ちに等しいよ』と内容を評価してました。前走が叩き台だったとしたら、今回は相当期待できる」(現場記者)

 グレートタイムの最終追い切りは栗東のCWコース。ルメール騎手を背に僚馬を2馬身追走。持ったままで並びかけ、そのまま併入し、ゴールを過ぎてからもきっちりと1F追われた。

「今回の舞台は、前々走のヒヤシンスSで経験済みです。あのときの経験を今回は活かしたいところでしょう。長く末脚を使える馬なので、直線が長い東京競馬場は向いていると思いますよ」(前出・同)

 グレートタイムは、父キングカメハメハ、母はダート戦線で活躍したミラクルレジェンドで母父フジキセキの血統を持つ。これからもさらに力をつけると見られている同馬が、ダート界の新星として名乗りを上げることができるのかが注目される。

JRA「栗東陣営太鼓判」2頭でユニコーンS(G3)も楽勝? 3歳ダート頂上決戦の「狙い」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!