GJ > 競馬ニュース > ゴールドドリーム「死角」は?
NEW

帝王賞(G1)ゴールドドリーム「死角」は……問題は状態よりも距離

【この記事のキーワード】, ,
ゴールドドリームの画像1※画像:ゴールドドリーム 『競馬つらつら』より

 ダート界の春を締めくくる帝王賞(G1)。毎年トップクラスの実力馬が集結するこのレースに、現在ダート王として君臨するゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)が参戦する。

 昨年、ゴールドドリームはフェブラリーS(G1)とチャンピオンズC(G1)の両方を制覇。史上3頭目となる統一ダート王となり、最優秀ダートホースの称号も獲得した。

 今年は絶対王者としてその地位を確固たるものにするかと思いきや、連覇のかかったフェブラリーS(G1)でノンコノユメに足元をすくわれてしまう。だが、今年からナイター決戦となった前走のかしわ記念(G1)でC.ルメール騎手とタッグを結成すると、最後の直線で鋭く伸びてノンコノユメを寄せ付けずに勝利。見事にリベンジを達成し、3つ目のビッグタイトルを獲得している。

 レース後にルメール騎手は「初めての船橋でも問題なく強かった」とレースを振り返り、問題があるとされているゲートも難なくこなし「いいポジションだったけど、リラックスして走ってくれましたよ。いいポテンシャルがある馬ですね」と相棒を手放しで称賛していた。

 そのルメール騎手とのタッグで2戦目の帝王賞を迎えるゴールドドリームは栗東CWで追い切り。6F85秒4-13秒7を記録。少々物足りないようにも思えるが、平田調教師は20日にルメール騎手を背に一杯追ったため、「予定通りの時計。順調に来ているので期待している」と「デイリースポーツ」の取材で明かした。

帝王賞(G1)ゴールドドリーム「死角」は……問題は状態よりも距離のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!