GJ > 競馬ニュース > 帝王賞「サイン」
NEW

帝王賞「サイン」は川栄李奈・藤田ニコル降臨が大ヒント!? 福永祐一まさかの「カミングアウト」で超強烈サイン

【この記事のキーワード】, ,

 27日に開催されるダートの頂上決戦・帝王賞(G1)。今年は昨年の最優秀ダート馬ゴールドドリームを筆頭に、昨年の覇者ケイティブレイブら豪華メンバーが出走。全国の地方競馬からも例年以上の強豪が集結し、競馬ファンから熱い視線を集めています。

 平日開催とはいえ、大井競馬場特有のトゥインクルレース(ナイター競馬)ということもあって、発走時刻は夜の20時5分。たまには会社帰りの”大人の遊び”に興じてみては如何でしょうか?

 そして、そんなお父さんのお財布の心強い味方?が「サイン馬券」でございます。

「いやいや、サイン馬券って……」と油断している、そこのお父さん。昨年は、元Winkの歌手・相田翔子さんがプレゼンターを務めましたが、レースを勝った福永祐一騎手が「実は小学生の時に初めて買ったCDがWinkの『淋しい熱帯魚』でした」とカミングアウト。

 これって、紛れもない「サイン馬券」ですよね?

 今年の帝王賞には、TCKのイメージキャラクターとしてCMに出演中の藤田ニコルさん、川栄李奈さん、吉谷彩子さんの3人が来場。事前にトークショーを行い、表彰式のプレゼンターも務めるそうです。中央競馬のG1にも負けず劣らずの豪華ゲスト。昨年のこともあって、サイン的にも大注目の存在でしょう。

 中でも着目したいのが、今売り出し中で「2018年のCM女王」との声も上がっている川栄李奈さんです。

帝王賞「サイン」は川栄李奈・藤田ニコル降臨が大ヒント!? 福永祐一まさかの「カミングアウト」で超強烈サインのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは