GJ > 競馬ニュース > 美浦関係者「絶賛」2頭
NEW

JRA美浦関係者「絶賛」2頭がラジオNIKKEI賞を制す!? 「昨年覇者より上」あの良血馬

【この記事のキーワード】, ,
JRA美浦関係者「絶賛」2頭がラジオNIKKEI賞を制す!? 「昨年覇者より上」あの良血馬の画像1

 今週の日曜日に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(G3)。芝1800mで行われる3歳限定のハンデ戦である。春のクラシックにうまく乗れなかった馬たちが、ここで賞金を上積みして秋以降に弾みをつけたいところだ。

 そこで美浦から2頭のイチ押しの情報が届けられたのでご紹介しよう。

 まずは、イェッツト(牡3 美浦・金成貴史厩舎)だ。

 昨年12月の新馬戦でデビュー。6番人気ながらも新馬勝ちを決め、翌年1月の京成杯(G3)に出走し3着に。つづく500万下の特別戦は7着に敗れるも、次のプリンシパルSは、勝ったコズミックフォースとは同タイムの、アタマ差+クビ差の3着。陣営も期待を持って見ていたようで「速いタイムに適用できたのは大きな収穫」(厩舎関係者)だったようだ。

「これまでは成長がゆっくりで、レース間隔を開けて出走させてきたようですが、ここにきて目に見えない疲れも考えて、前走後ノーザンファーム天栄に放牧に出されました。

放牧先で立て直されて6月に帰厩。追い切り本数は4本と少ないんですが、美浦の坂路とウッドコースを併用し、心肺機能は鍛えられてきました。すでに先々週の追い切りで一杯に追われて馬体はできており、一週前と今週の追い切りは、強目の追い切りでベストの状態を維持しています。厩舎関係者の話では『斤量も問題なく確実に脚は使ってくれる。上位争いは可能』とのことでした」(競馬記者)

 イェッツトの父は、現在九州の馬産地で種牡馬として活躍しているカンパニー。イェッツトの活躍次第では、産駒の評価も変わってくるだけにホースマンたちも熱い視線を送っているに違いない。

JRA美浦関係者「絶賛」2頭がラジオNIKKEI賞を制す!? 「昨年覇者より上」あの良血馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは