GJ > 競馬ニュース > マジェスティが「反則勝ち」!?
NEW

JRA暴走王ダノンマジェスティが「反則勝ち」!? M.デムーロ騎手に「騎乗拒否」された問題児に、和田竜二騎手あわや騎乗停止……

【この記事のキーワード】, ,
JRA暴走王ダノンマジェスティが「反則勝ち」!? M.デムーロ騎手に「騎乗拒否」された問題児に、和田竜二騎手あわや騎乗停止......の画像1

 能力は間違いなく一級品、だが気性に難あり……。

 1日にJRA中京競馬場で行われた木曽川特別(1000万下、芝2200m)は、3歳馬のダノンマジェスティ(栗東・音無秀孝厩舎)が優勝。通算3勝目を飾り、「実りの秋」へ大きな1勝を上げた。

 ここまで5戦3勝。昨年の皐月賞馬アルアインの全弟ということもあって、関係者を始め競馬ファンからも、非常に大きな期待が持たれている同馬。だが、兄に迫る高いポテンシャルを秘めながらも春のクラシックを未出走に終わるなど、ここまで出世が遅れているのには、明らかな「原因」がある。

「時間が掛かると思います」

 昨年12月に行われたデビュー戦で、騎乗した和田竜二騎手がそう言えば、管理する音無秀孝調教師も「まだ訳が分かってなくて、ピクニックに来てるような感じ」。とてもデビュー戦を3馬身半差の圧勝を飾ったクラシック候補に対するコメントではない。

 それもそのはず。最後の直線で、外々へ蛇行しながらゴールしたダノンマジェスティはレースこそ勝ったものの、ゴール後も外への逸走が止まらずに外埒へ一直線……。

 幸い、事故には繋がらなかったが、それを見たM.デムーロ騎手でさえ「(例え騎乗依頼があっても)あれは乗りたくない。危ない、ゴールの後が……」と、思わず”騎乗拒否”するほどの暴走ぶりだった。

JRA暴走王ダノンマジェスティが「反則勝ち」!? M.デムーロ騎手に「騎乗拒否」された問題児に、和田竜二騎手あわや騎乗停止……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは