GJ > 競馬ニュース > キセキに復活の目!?
NEW

JRAキセキ毎日王冠出走は復活の布石!? デムーロ騎乗停止も”秘策”あり?

【この記事のキーワード】, ,
JRAキセキ毎日王冠出走は復活の布石!? デムーロ騎乗停止も秘策あり?の画像1

 22日の阪神5Rでリアオリヴィアに騎乗したM.デムーロ騎手が外側に斜行。これにより、ウインプリンツおよびスーペルゴラッソの進路が狭くなったとして、レース後、デムーロ騎手には9日間の騎乗停止処分が下された。

 このため、デムーロ騎手は秋のG1初戦スプリンターズSでレッドファルクス、さらに翌週に開催される毎日王冠(G2)でキセキへの騎乗が不可能になった。その後、レッドファルクスは戸崎圭太騎手に、キセキは川田将雅騎手へとそれぞれ乗り替わりが発表されている。

 唐突な乗り替わりを余儀なくされた両陣営にとって迷惑な話だが、中でも報われないのは毎日王冠に出走を予定していたキセキの陣営だ。

 当初の予定ではキセキは8日の京都大賞典(G2)に出走予定だった。しかし、デムーロ騎手は同日に盛岡の南部杯(G1)でルヴァンスレーヴへの騎乗が決定。なにがなんでもキセキに騎乗してもらいたかった陣営は2400mから1800mという大幅に距離を短縮することになるにもかかわらず、出走レース変更を決断していた。

「デムーロ騎手に最大限配慮したにもかかわらず、騎乗停止。踏んだり蹴ったりもいいところですよ。結局、代打をデムーロ騎手と同じエージェントである川田騎手が務めることで事態は一応の解決を見せました。

 川田騎手がキセキに騎乗するのは昨年のすみれS以来。このときは単勝1.9倍の1番人気に支持されるも勝ち馬のクリンチャーから0.9秒差を付けられての3着に終わっています。このときのリベンジにも期待されますが、キセキは菊花賞後成績を残しておらず、さらに今回の距離短縮などの影響もあると考えて不安視する人も多いです。口さがない関係者は『川田騎手がババを引かされた』なんて言っている人もいますよ。奮起してもらいたいのですが……」(競馬誌ライター)

JRAキセキ毎日王冠出走は復活の布石!? デムーロ騎乗停止も”秘策”あり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 宝塚記念(G1)ソールオリエンスの評価真っ二つ!? 安藤勝己氏「頭打ち」VS田原成貴氏「豪脚を発揮してくれる」
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 単勝95.1倍「除外明け」超伏兵が直線で瞬間移動!? “実質デビュー戦”で見せた豪脚…牝馬ダート路線に遅れてきた大器
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは