GJ > 競馬ニュース > 【東京大賞典(G1)展望】
NEW

【東京大賞典(G1)展望】2018年ルメールがゴールドドリームで締める!? ケイティブレイブらと今年最後の聖戦!

【東京大賞典(G1)展望】2018年ルメールがゴールドドリームで締める!? ケイティブレイブらと今年最後の聖戦!の画像1

 有馬記念(G1)が終わっても、ホープフルS(G1)が終わっても、暮れの大一番はもうひとつある。12月29日、大井競馬場で開催される東京大賞典(Jpn1、ダート2000メートル)を展望する。

 12月2日、中京競馬場で行われたチャンピオンズC(G1、ダート1800メートル)はルヴァンスレーヴ(牡3歳、美浦・萩原厩舎)が衝撃的な強さで圧勝し、若きダート王に君臨した。しかし、この東京大賞典にルヴァンスレーヴはいない。したがって、どの馬が勝ってもダート王の称号が与えられることはない。

 とはいえ、打倒ルヴァンスレーヴの最右翼に位置するのがゴールドドリーム(牡5歳、栗東・平田修厩舎)。昨年はフェブラリーS(G1、ダート1600メートル)とチャンピオンズCを勝ち、春秋統一ダート王の座に就いた。この秋は盛岡の南部杯(Jpn1、ダート1600メートル)を経てチャンピオンズCに向かうローテを選択。

 ところが、ジャパンダートダービー(Jpn1、ダート2000メートル)を勝ち、3歳ダート王となったルヴァンスレーヴも南部杯に参戦。古馬と3歳のダート王対決が実現した。結果、ルヴァンスレーヴに1馬身半差負けてしまう。ただし、これで勝負付けが済んだとは見ない方がいい。目標レースでこそ真価を発揮するタイプだからだ。

 チャンピオンズCには足元の軽い不安で参戦できなかった。立て直したここは格の違いで順当に勝って、来年のフェブラリーSでルヴァンスレーヴとの決戦に臨みたい。鞍上は4戦連続騎乗となるC.ルメール騎手。

【東京大賞典(G1)展望】2018年ルメールがゴールドドリームで締める!? ケイティブレイブらと今年最後の聖戦!の画像2

 11月、京都開催のJBCクラシック(Jpn1、ダート1900メートル)を制したのがケイティブレイブ(牡5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)。5歳秋にして更なる本格化を思わせる強さだった。ところが、チャンピオンズCでは11着という謎の大敗。いわゆる二走ボケだったのだろうか。力をまったく出していないので巻き返しは可能だろう。

【東京大賞典(G1)展望】2018年ルメールがゴールドドリームで締める!? ケイティブレイブらと今年最後の聖戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃