GJ > 競馬ニュース > 武豊マテラスカイ「課題」
NEW

JRA根岸S(G3)武豊マテラスカイ「課題」は距離よりも……世界を驚かせたレコードホルダーが「超速スピード」を発揮できる条件

【この記事のキーワード】, , ,
JRA根岸S(G3)武豊マテラスカイ「課題」は距離よりも......世界を驚かせたレコードホルダーが「超速スピード」を発揮できる条件の画像1

 もう一度、世界へ――。

 27日に東京競馬場で行われる根岸S(G3)はフェブラリーS(G1)の前哨戦として知られているが、ダート1400mのJRAレコードホルダー・マテラスカイ(牡5歳、栗東・森秀行厩舎)のターゲットは2年連続でのドバイゴールデンシャヒーン(G1)挑戦だ。

 昨年の同時期、まだ条件馬に過ぎなかったマテラスカイ。しかし、管理する森秀行調教師は同馬の素質を高く評価すると、主戦に世界を知る武豊騎手を迎え、重賞実績ゼロの世界挑戦という異例のチャレンジを敢行。主催者にマテラスカイのレースVTRを提出するなど熱烈なアピールを行い、見事招待を確保すると、本番でも海外の強豪相手に5着健闘。そのスピードを世界に見せつけた。

 ちなみにこの着順は、JBCスプリント(G1)などを勝ったマイネルセレクトらと同じ日本競馬史上最高着順。一介の条件馬だった同馬が、一躍注目を集めるようになった瞬間だった。

 その後、帰国したマテラスカイは自己条件を楽勝すると、プロキオンS(G3)でJRAレコードを更新する圧勝劇。ダートスプリント界に突如として現れたニュースターへ、多くの競馬ファンが熱い視線を注いだ。

 しかし、マテラスカイはそこから思わぬ”伸び悩み”に陥ることとなる。

 重賞勝ち馬として迎えた昨秋の東京盃(G2)では、単勝1.5倍の圧倒的な人気に推されながら、最後の直線で失速し4着に敗退。日本で続いていた連勝が4でストップした。その後、目標だったJBCスプリント(G1)では勝ったグレイスフルリープにクビ差の2着を確保したものの、続く昨年末の兵庫ゴールドT(G3)で5着敗戦。単勝1.3倍を裏切る結果となってしまった。

JRA根岸S(G3)武豊マテラスカイ「課題」は距離よりも……世界を驚かせたレコードホルダーが「超速スピード」を発揮できる条件のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安