GJ > 競馬ニュース > アーモンドアイ凱旋門賞の壁
NEW

JRA「悲願」凱旋門賞(G1)アーモンドアイに立ち塞がる「億単位」の壁……日本競馬が50年間「世界の頂点」に立てない理由とは

JRA「悲願」凱旋門賞(G1)アーモンドアイに立ち塞がる「億単位」の壁......日本競馬が50年間「世界の頂点」に立てない理由とはの画像1

 昨年、史上5頭目の牝馬三冠を達成し、ジャパンC(G1)では芝2400mの世界レコードを叩き出して圧勝したアーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)。

 満票で昨年の年度代表馬に選出されるなど、名実ともに現役最強馬に君臨している歴史的名牝の最大のターゲットがフランスの凱旋門賞(G1)であることは、熱心な競馬ファンなら誰もが知るところだ。

 その上で22日、『アーモンドは凱旋門賞勝てるのか?』というテーマを元に、海外競馬に精通した識者の見解を『スポニチアネックス』が報じている。

 詳しくはぜひ本紙をご覧いただきたいが、国枝調教師や主戦のC.ルメール騎手だけでなく、現役最多勝を誇る藤沢和雄調教師や、元JRA騎手の岡部幸雄氏、海外通の競馬評論家として名高い合田直弘氏など、日本競馬を代表する豪華識者がそれぞれの見解を述べている。

 結論から述べると、答えは概ね「イエス」だった。

 1969年にスピードシンボリが初めて挑戦してから、今年でちょうど50年。その間、数々のトップホースが挑戦するも、未だ頂点に手が届いていない凱旋門賞。日本競馬が進化を繰り返し、世界との距離がずいぶん縮まった昨今、凱旋門賞はただの世界一決定戦というだけでなく、日本競馬そのものの悲願として掲げられている。

 そういった背景もあり、各識者たちの話は、経験を踏まえた見解である一方、日本の競馬に携わるものとしての「願い」が込められているようにも感じられた。

JRA「悲願」凱旋門賞(G1)アーモンドアイに立ち塞がる「億単位」の壁……日本競馬が50年間「世界の頂点」に立てない理由とはのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス