GJ > パチンコ・パチスロニュース > パチスロ「価格500万円」
NEW

パチスロ「5.5号機」王者ついに「中古価格500万円」を突破か? 新”超爆裂機”メーカー「パチンコ」にもテコ入れか

【この記事のキーワード】, ,
パチスロ「5.5号機」王者ついに「中古価格500万円」を突破か? 新超爆裂機メーカー「パチンコ」にもテコ入れかの画像1

 パチスロ史上最大の「ダークホース」で5.5号機の王者『聖闘士星矢 海皇覚醒』(SANYO)の快進撃が止まらない。

 登場から間もなくして注目を集めた本機は、人気のバロメーターでもある「中古機価格」が昨年末の時点で「200万円」の大台を突破。その勢いはとどまる所を知らず、今年3月には「300万円」を達成し、この時点ですでにパチスロ中古価格は「最高値」を更新していた。

 そして、今月。その価格はこれまでに類を見ない「400万円台(5月16日現在)」を記録したのである。

 ARTの獲得期待値「1300枚」を超える強烈な出玉性能で支持を集めたことはもちろん「5.5号機」の特性上「新規導入」が不可能なため、この想定外の価格を引き起こした。需要の高さは間違いなく、5号機史上「NO.1」といえる。

 その他、『笑ゥせぇるすまん3 笑撃のドーン』も同様に中古価格「100万円台」を推移するなど、SANYOは「パチスロ」で今最も勢いに乗るメーカーだろう。

 ただ、同社を業界トップに押し上げたのは『海物語』を代表する「パチンコ」であることは言うまでもない。

 初登場から約20年。現在もなおホールの主軸機種として君臨する『海物語』はまさにSANYOの代名詞だ。これまでに「20機種以上」のシリーズ機が登場し、常に支持を集めてきた海シリーズ。

 そんな『海物語』はさらなる飛躍を遂げて登場予定。「時代を切り開く新スペック設定」と銘打たれた『CR大海物語4 BLACK』が話題を集めている。

「新スペックと自負しているように、シリーズ初の『V確ST機』となっています。大当たり確率は約1/199.8でST突入率は50%。最大出玉は1792個(電チュー当たり時)と『海物語』で珍しいシャープなスペックですね。

また、ST非突入の場合は時短100回、ST後は50回の時短が付与され、安定感も十分。次世代型の新スペックといえるでしょう」(記者)

安定さと出玉感が味わえるスペックに加え『V確ST』を初搭載するなど、大きな進展が見られる『海物語』。

 ただ、シリーズにとっては初搭載だが、『V確ST』自体は数年前から存在する馴染みの仕様である。本システムの採用を疑問視する声は多いが……。

「一部関係者の間では、ここ近年、SANYOの開発方針はガラリと変わったと囁かれています。実際に『パチスロ ビビッドレッド・オペレーション』から出玉の見せ方や性能が明らかに変化した印象。それに続き『聖闘士星矢』『笑ゥせぇるすまん』が好評ですからね。変化を遂げていることには違いなさそうです。

このようにパチスロでの進化が目立っていましたが、パチンコではほぼ感じられませんでした。しかし、変化を避けていた印象の『海物語』ですら大きく変わろうしていますからね。これからのラインナップも”なにか強い特徴”を持った機種の可能性は大いにありますよ」(同)

 今年2月には、シリーズ最新作『CR聖闘士星矢4WTF』が検定を通過。パチンコでも変革が見られる社内体制だけに、本機を期待する声は大きい。パチンコ界の絶対的王者『海物語』の”後継者”が登場する日は近いかもしれない。
(文=編集部)

パチスロ「5.5号機」王者ついに「中古価格500万円」を突破か? 新”超爆裂機”メーカー「パチンコ」にもテコ入れかのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • パチマックス
  • 総合