GJ > 競馬ニュース > ジャンタルマンタル「あの馬にそっくり」
NEW

C.ルメール「がっくり」まで繰り返さなくても!? 3歳マイル王ジャンタルマンタルが「あの名マイラーにそっくり」と話題

ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I
昨年の朝日杯フューチュリティSの勝ち馬ジャンタルマンタル 撮影:Ruriko.I

1600mで走ることに絶大な自信を持っていた

 5日、東京競馬場で行われたNHKマイルC(G1)は2番人気のジャンタルマンタル(牡3歳、栗東・高野友和厩舎)が勝利。昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)を制した2歳王者が、得意のマイル戦で2つ目のビッグタイトルを手にした。

 まるで水を得た魚のように強い2歳王者が帰ってきた。

 昨年のデイリー杯2歳S(G2)で重賞初制覇を飾ったジャンタルマンタルは、勢いそのままに朝日杯フューチュリティS(G1)を無敗で制覇。2歳王者として大きく期待されて3歳を迎えたが、始動戦の共同通信杯(G3)では後の皐月賞馬ジャスティンミラノに敗れて2着、皐月賞(G1)では最後の直線で一度は先頭に立つなど見せ場十分だったが3着に敗れていた。

 しかし、主戦の川田将雅騎手が「この馬が1600mで走ることには絶大な自信を持っていました」と振り返った通り、マイル戦に戻った今回のNHKマイルCでG1・2勝目。1番人気だった2歳女王アスコリピチェーノを寄せ付けず、改めて力の違いを見せつけての戴冠だった。

 この走りにはネット上のSNSや掲示板からも「強すぎて笑う」「マイルでこの馬を負かせる3歳馬はいないだろうな」「これは安田記念も勝てるんじゃ」「ダービー目指してくれ」など、ジャンタルマンタルの強さを称賛する声が続々……。

 その一方で、本馬が過去にNHKマイルCを勝った名マイラーに「そっくり」という声もあった。

ジャンタルマンタルの戦績と瓜二つの名マイラー

アドマイヤマーズ
G1・3勝を挙げたアドマイヤマーズ

「2019年のNHKマイルCを勝ったアドマイヤマーズですね。デイリー杯2歳Sで重賞初勝利を飾って、朝日杯FSを無敗で制したのはジャンタルマンタルと同じ。さらに年明けの共同通信杯で1番人気を背負って2着、皐月賞で見せ場十分の競馬。マイル戦のNHKマイルCに戻ってG1・2勝目と、ここまで2頭の戦績は瓜二つと言っても過言ではありません。

また、アドマイヤマーズが勝ったNHKマイルCではC.ルメール騎手が騎乗するグランアレグリアも出走していましたが、最後の直線で斜行したとして5着に降着。2強の明暗が分かれた点や、ルメール騎手にアクシデントがあった点なども共通しています」(競馬記者)

 また、この日は米国でケンタッキーダービー(G1)が開催。日本のフォーエバーヤングが惜しくも3着に敗れたが、最後の直線で他馬に激しく寄られる不利があるなど、やや後味の悪い競馬となった。

 実は、アドマイヤマーズが勝った2019年のケンタッキーダービーでは1位入線したマキシマムセキュリティが降着になるという歴史的な事件があった。歴史は繰り返すではないが、こういった点もどこか共通した部分がある。

 ちなみにNHKマイルC制覇後のアドマイヤマーズは、秋初戦の富士S(当時G3)こそ1番人気を裏切ったが、12月の香港マイル(G1)で3つ目のビッグタイトルを獲得。古馬になってからG1勝利の上積みはなかったが、マイルCS(G1)で3着、連覇を狙った香港マイルでも3着に善戦するなど、最後までマイル戦線を大きく盛り上げた。

「朝日杯FS、今回と素晴らしいレースをして、適距離ではない皐月賞でも頑張ってくれました。これからこのマイルという距離で『日本で一番強い』というレベルまで行ければいいと思います」

 レース後、川田騎手から極めて大きな期待を寄せられたジャンタルマンタル。果たして、これからアドマイヤマーズを超えるような名マイラーに成長するのだろうか。“本家”は次走の富士Sで大きく躓いた。ここは倣いたくないところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメール「がっくり」まで繰り返さなくても!? 3歳マイル王ジャンタルマンタルが「あの名マイラーにそっくり」と話題のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  3. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  4. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  5. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  6. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. 17年ぶり歴史的快挙へ「絶対王者」サンデーレーシングが描いたシナリオ。異例の牡馬クラシック登録はレガレイラとチェルヴィニアの2頭のみ
  9. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ? 【日本ダービー】「過去20年連対ゼロ」の苦戦でも今年はG1級!?  ドゥラメンテ「最後の大物」出現なるか。「伝説」の最終世代をピックアップ【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想