GJ > 競馬ニュース > 今「最も信頼できる騎手」森一馬が凄い
NEW

35年ぶりのJRA最多勝記録更新も視野!? 川田将雅に匹敵する3着以内率62.2%…今「最も信頼できる騎手」森一馬が凄い!

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I
驚異的な信頼度を誇る川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 今、競馬界で「最も信頼できる騎手」といえば、大多数の競馬ファンが川田将雅騎手の名を挙げるのではないだろうか。

 先週までで54勝という勝負強さも然ることながら、3着以内率62.2%はまさに驚異の一言。要は川田騎手の複勝を買い続けるだけで、半分以上は馬券が当たるということだ。

 しかし、それだけでは勝てないのが、競馬がオッズゲームと言われる所以だ。

 川田騎手が極めて優れたジョッキーであることは競馬ファンの間で周知の事実であり、今や川田騎手が騎乗しただけで、その馬の馬券が売れに売れる。実際に川田騎手の複勝回収値が100%を超えたのはデビュー3年目だった2006年だけ。信頼度は抜群だが、決して金になるジョッキーではないということだ。

 だが実は現在、そんな川田騎手並みの信頼度を誇りながら「金になるジョッキー」がいることを御存じだろうか。障害界のトップジョッキーである森一馬騎手だ。

川田騎手に匹敵する障害界のトップジョッキー

 4日、新潟競馬場で行われた1R障害4歳以上オープンは4番人気のヴァレッタカズマ(牡5歳、栗東・藤野健太厩舎)が勝利。前走に障害未勝利を勝ち上がった勢いのまま、見事に2連勝を飾っている。

「今日は昇級戦でしたが、思っていた以上に良い走りができましたね」

 レース後、そう相棒を称えた森騎手の絶好調が止まらない。これで今年9勝目を挙げた森騎手だが、これは障害騎手としては神懸かったペースだ。

 年末表彰のJRA賞が誕生した1987年以降、JRA賞最多勝利障害騎手の最高記録は1989年の星野忍騎手の19勝。つまり、5月現在で9勝の森騎手のペースは歴代最高記録を狙えるハイペースということになる。4日終了時点の3着以内率62.2%は、川田騎手に匹敵する信頼感だ。

「昨年の障害リーディングは石神深一騎手の14勝。これだけを見ても、現在の森騎手の9勝が如何に凄いペースなのかがわかると思います。

 それも川田騎手やルメール騎手などは多くのファンに注目されているため、どうしても騎乗馬が人気になりますが、森騎手が今年騎乗した37鞍で1番人気だったのは、わずか9回。そのすべてで馬券圏内を確保しているだけでなく、20鞍が4番人気以下の騎乗と、まさに『買うなら今』と言えるジョッキーだと思います」(競馬記者)

「とてもいい状態で連れてきていただいた関係者の方々、頑張ってくれた馬に感謝したいです」

 今回のヴァレッタカズマに限らず、いつも周囲への感謝を口にしている森騎手。ジューンベロシティとのコンビで挑戦した先月の中山グランドジャンプ(G1)でも5番人気で2着に好走するなど、今年は成績の中身も充実している。

 落馬などのアクシデントが付き物の障害レースだが、秋には35年ぶりの最多勝記録更新という偉業が待っているかもしれない。まずはアクシデントなく、無事にシーズンを走り抜けられることを祈りたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

35年ぶりのJRA最多勝記録更新も視野!? 川田将雅に匹敵する3着以内率62.2%…今「最も信頼できる騎手」森一馬が凄い!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ