NEW

世界ランク、エイシンヒカリが首位陥落! 一方、アメリカでは「歴史的一戦」の幕が上がる!?

160121_keibaxs.jpg

 最新の「ロンジン・ワールドベストレースホースランキング」が発表され、ここへきて”動き”があった。

 前回までランキングトップだった日本のエイシンヒカリ(129)は、今回も「数字は」変わらず。しかし、2位タイとなってしまった。

 1位は今年のドバイワールドカップを圧倒的な強さで制し米のカリフォルニアクローム。以前より「この馬こそ世界最強」と言われていたが、パシフィッククラシックSで米牝馬チャンピオンのビホルダー、強豪ドルトムントをあっさり下し、名実ともに「世界No.1」の玉座についた。レーティングは133という破格の数字である。

 エイシンヒカリは、仮にプリンスオブウェールズSを勝利していればさらに評価を上げた可能性もあっただろう。ただ、それでもイスパーン賞10馬身差圧勝の評価は高く、129で2位だ。

 しかし、今回のランキングの主役は決まっている。エイシンヒカリと同じく129のレーティングを得た米国の「アロゲート」に他ならない。

 アロゲートはまだ重賞1勝馬に過ぎないが、インパクトという点でいえばカリフォルニアクロームと「互角」である。重賞初挑戦となったトラヴァーズステークス(G1)をなんと13馬身差で勝利。レコード勝利だったわけだが、更新は37年ぶりというのだから驚きだ。一躍米国競馬のスターダムにのし上がったのも自然だ。

 さらに、アロゲートの「スター街道」はこのままでは終わらない。この秋、アメリカ競馬史上に残る「ビッグマッチ」が実現する可能性がある。

世界ランク、エイシンヒカリが首位陥落! 一方、アメリカでは「歴史的一戦」の幕が上がる!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補