NEW

サトノダイヤモンド天皇賞・春も安泰!? 皐月賞ワンツーを決めた池江泰寿厩舎の「マジック」は変幻自在の適応力にあり

【この記事のキーワード】, ,
サトノダイヤモンド天皇賞・春も安泰!? 皐月賞ワンツーを決めた池江泰寿厩舎の「マジック」は変幻自在の適応力にありの画像1※画像:アルアイン 『競馬つらつら』より

「母が短距離馬で、この馬の体形も胸前が厚く胴も詰まっている。東京の2400mはタフなレース。ダービー仕様に馬をつくり直さないといけない」

『東京スポーツ』からアルアインの取材を受けた池江泰寿調教師は、皐月賞馬の今後の見通しをそう語った。先日の皐月賞で見事な厩舎ワンツーを決めた池江調教師だが、この「ダービー仕様」という”独特の表現”には聞き覚えがあった。

 昨年の菊花賞の戦前、池江調教師はサトノダイヤモンドについて「本来は2400mでも少し長い」と話していた。だが、結果的に菊花賞を圧勝。その際も師は「菊花賞仕様に仕上げた」と語っていた。

 我々が普段、厩舎関係者から「〇〇仕様」という言葉を耳にするのは、たいていの場合、「トライアル仕様」「本番仕様」など主に仕上がり具合や状態面に関してのコメントだ。

 例えば、一昨年の年度代表馬モーリスが堀宣行厩舎の尽力によって、3歳春では惨敗していた2000mのG1を5歳になって連勝したことなど、長い時間と調教の積み重ねによって馬が本来の”限界”を広げたシーンは、これまでも数多くの名馬と名伯楽の手によって成し遂げられてきた。

 しかし、池江調教師のようにその節の目標レースに向けて、短期間で「馬の仕様」を適応させてしまうというのは驚愕としか述べようがない。そして、その技術の”土台”はディープインパクトを手掛けた父・池江泰郎元調教師から学んでいたという。

「親父の厩舎じゃなかったら、単なるマイラーで終わっていたかもしれない」

サトノダイヤモンド天皇賞・春も安泰!? 皐月賞ワンツーを決めた池江泰寿厩舎の「マジック」は変幻自在の適応力にありのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  3. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  4. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  5. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  7. 「兄貴に乗って貰います」…17連敗中の武豊「4400勝」達成は弟の管理馬で!?
  8. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  9. 「第二のイクイノックス」囁かれる大物が今季初戦。春の大舞台へ近年重要レース
  10. 横山典弘「ポツン」は東京新聞杯(G3)の布石!? 前走1番人気13着マテンロウオリオンが切れない理由