NEW

なぜ武豊は「天才」と呼ばれるのか。かしわ記念(G1)のコパノリッキー復活劇で示した「プランB」の精度の高さに驚愕

【この記事のキーワード】, ,

 先述した通り、コパノリッキーといえば類稀なる先行力が最大の武器であり、外から被せられるとやめてしまうのは誰もが知るところだ。そこに最内枠からのスタートとくれば、まず逃げが想定されるだろう。武豊騎手が「スタートが悪ければ差す競馬になるかな」とコメントしている通り、「プランA」が積極策だった可能性は極めて高い。

 しかし、コパノリッキーは出遅れてしまい、その瞬間、最も綿密に練られていたであろう「プランA」が消し飛んだ。ちなみに本馬がスタートで大きく後手を踏んだのは2014年のチャンピオンズC以来、実に約2年半ぶりのことだ。

 無論、一流の騎手であれば、誰もがそんな時の「プランB」を用意してレースに挑んでいることは述べるまでもない。だが、武豊騎手の場合、その”第2候補”の精度が並みの騎手よりも圧倒的に高い。それは今回の競馬だけを見ても明らかだった。

 先月26日に放送された『戦え!スポーツ内閣』(MBS系)にゲスト出演した武豊騎手は、キズナで制した2013年の日本ダービーを独自のVTR解説で振り返った際、スタート直後にわざわざVTRを止めてこう言った。

「レースに乗る前のことが大きいんですよ――」と。

なぜ武豊は「天才」と呼ばれるのか。かしわ記念(G1)のコパノリッキー復活劇で示した「プランB」の精度の高さに驚愕のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【シルクロードS(G3)予想】ナムラクレア、ウインマーベルを切り!「なさそうでアリの穴馬3頭」で万馬券を狙う!!
  2. 【根岸S(G3)予想】ダート転向大成功のギルデッドミラーを切り!本命は近走成績上々の穴馬
  3. 今村聖奈撃沈の裏で5年ぶり珍記録!? 「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼連敗地獄…「ダイワ消滅」を惜しむ声が続出!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. かつて「失敗の烙印」を押されかけた名牝シーザリオ、最後の産駒デビューで思い出される「13年前の奇跡」
  5. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  6. JRAレモンポップとギルデッドミラーでは決まらない!? 本命同士がワンツー決着した先週末、激走に自信の特注馬はこれだ【根岸S(G3)予想】
  7. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  8. 「3大始祖」消滅の危機……日本で「2頭」世界で「0.4%」の血を残すべく立ち上がったカタール王族の「行動」に称賛
  9. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  10. 「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器