NEW

【日本ダービーを切る】激走武豊ダンビュライトに弱点!? アルアイン、ペルシアンナイト、超大物アドミラブルの評価は? 異常な高評価の「アノ馬」に要注意?

【この記事のキーワード】, ,
【日本ダービーを切る】激走武豊ダンビュライトに弱点!? アルアイン、ペルシアンナイト、超大物アドミラブルの評価は? 異常な高評価の「アノ馬」に要注意?の画像1

「大混戦」といわれた3歳牡馬クラシック第1弾の皐月賞(G1)は9番人気のアルアインが勝利し、4番人気のペルシアンナイトが2着、12番人気のダンビュライトが3着と三連単が106万4360円を記録する大波乱に終わった。

 そのためか、主要トライアルが終了し日本ダービー(G1、28日)の出走メンバーがほぼ出そろった現在でも「主役」となる1番人気が誰になるのかさえ不透明な状況。歴史的な大混戦の色が濃くなってきた今年の日本ダービーについて【徹底考察】の関西版でお馴染みの御意見番・下田照雄氏に話を伺った。

武豊ダンビュライト激走のワケ

記者:今日はよろしくお願いします。

競馬評論家下田照雄氏(以下下田):よろしくお願いします。

記者:昨年の日本ダービーに続くインタビュー企画となりましたが、前回は大きな反響があって今年もお願いすることになりました。今年は昨年よりも、さらに難解なレースとなりそうですがいかがでしょうか。

下田:あれからもう1年ですか……早いものですね(笑)アルアインが勝った皐月賞は2年連続でレコードを更新する結果となりましたが、当日がかなり特殊な馬場になっていたようで、時計面でも展開面でも極端な傾向がある状態になっていました。

記者:確かに皐月賞当日は中山の芝コースで好時計が連発していましたね。展開面では、やはり内側を通った先行馬が有利な状況だったということですか。

下田:そうですね。勝ったアルアインもそうですが、ペルシアンナイトも上手に内側をさばいて伸びてきました。ただ、最も意外だったのはダンビュライトですね。この馬は比較的外からきっちり伸びていますし、大変強いレース内容でした。皐月賞では最も内容のある競馬をしていたのではないでしょうか。

記者:そうなるとダービーではダンビュライトの逆転が濃厚ということですか。

下田:いえ、そういうわけじゃないんですよね。逆転どころか、もしかすると着順を落としてしまうかもしれません。

記者:というと?

【日本ダービーを切る】激走武豊ダンビュライトに弱点!? アルアイン、ペルシアンナイト、超大物アドミラブルの評価は? 異常な高評価の「アノ馬」に要注意?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】