NEW

【エリザベス女王杯(G1)展望】「レジェンド武豊」と「世界のR.ムーア」が激突! 最強女王の座を巡り、例年以上のメンバーが集結!

【この記事のキーワード】, ,
【エリザベス女王杯(G1)展望】「レジェンド武豊」と「世界のR.ムーア」が激突! 最強女王の座を巡り、例年以上のメンバーが集結!の画像1

 12日に京都競馬場で開催されるエリザベス女王杯(G1)には、例年にない充実したメンバーが集結することとなった。

 昨年は前哨戦の府中牝馬S(G2)を制したクイーンズリングが、勢いそのままに戴冠。2着に12番人気のシングウィズジョイが激走する波乱の決着となった。例年以上の好メンバーが揃った今年は、ここで悲願のG1初制覇に燃える2頭のベテラン牝馬が中心になりそうだ。

 特に「世界No.1騎手」と名高いR.ムーアを手配したルージュバック(牝5歳、美浦・大竹正博厩舎)は、これが最大のチャンスになるかもしれない。

 2010年のエリザベス女王杯。国際レースとしては実績の乏しい本レースに、英愛国のオークス馬・スノーフェアリーが出走するというニュースは、当時の競馬ファンの度肝を抜いた。レースは結局、4馬身差で圧勝。同年の三冠牝馬アパパネ以下をまったく寄せ付けることなく、世界の強さを見せつけた。その時の鞍上が、ムーア騎手である。

 さらにスノーフェアリーは、翌年のエリザベス女王杯にも出走し連覇を達成。ムーア騎手の名は、瞬く間に日本の競馬ファンに広く知れ渡ることとなった。その後の活躍は、ここで述べるまでもないだろう。

 そんなムーア騎手とコンビを組むルージュバックは、前走のオールカマー(G2)をこれまでの大外一気のイメージを払拭する、内々を起用に立ちまわる競馬で完勝。ステファノスやタンタアレグリアといった一線級の牡馬を退け、改めて牝馬の枠を超えた能力の高さを示した。

【エリザベス女王杯(G1)展望】「レジェンド武豊」と「世界のR.ムーア」が激突! 最強女王の座を巡り、例年以上のメンバーが集結!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA京都記念(G2)エフフォーリア横山武史に別れの予感!? 愛ゆえに発生したクラシック候補の鞍上問題、代役を任されたのは意外なビッグネーム
  2. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  3. JRA武豊インティ級の新星登場か、「低レベル」コントレイル世代から遅れてきた大物が登場? ヴェラアズール、ジュンライトボルトに続いた「三番目の風」
  4. シルクロードS(G3)ナムラクレア、マッドクールも危うし!? 今村聖奈のテイエムスパーダも被害、「ルーティン崩れ」で独壇場に黄信号
  5. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  6. JRA根岸S(G3)テイエムサウスダンは「転厩」で消し? 無視できぬデータから浮上した「オイシイ実力馬」とは
  7. 北島三郎オーナーが激怒か……キタサンブラックを「邪魔」したアノ馬に「勝てもしないくせに」?
  8. 第二のダイアトニック出現?まさかのコンビ解消でも目が離せない勝負師・岩田康誠
  9. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  10. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦