NEW

「北」を持つ「北」島三郎のキタサンブラックが有馬記念勝利確実!? 「今年の漢字」もラストランを後押し

【この記事のキーワード】, ,
17japancup_kitasan05

 12日、京都・清水寺で年の世相を漢字一文字で表す今年の漢字」が発表された。

「今年の漢字」は はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる。今年は15万3594票の応募の中から、7104票を集めた『北』が1位となった。

 これは弾道ミサイルの発射や核実験の強行などで”北”朝鮮の恐怖を改めて感じたことや、記録的豪雨により九州”北”部で甚大な被害が発生したこと、さらに”北”海道日本ハムファイターズから大谷翔平選手が大リーグへ移籍、スター候補生である清宮幸太郎選手が入団したことが挙げられている。

 そしてこの他には、競馬界で、歌手の北島三郎氏が所有する”キタ”サンブラックが活躍したことも、選出された理由とされている。

 ネット上の競馬ファンは『北』が今年の漢字に選出されたため、大盛り上がり。すでに『確勝きたか』『有馬記念はキタサンブラックが鉄板!?』など、これがキタサンブラックが出走予定の有馬記念(G1)で勝利を収めることを示す、”サイン”ではないかと見る者が大勢出てきているようだ。

「ゴールドシップが有馬記念を制した2012年の漢字は『金』でした。ゴールドシップは4度、有馬記念に出走していますが、勝利を収めたのはこの年だけです。このような前例もあり、加えてキタサンブラック自身の活躍もあって『北』が選出されたため、これが優勝の後押しになるのではないかと見ている人が多いようですね。たしかに “サイン”的にはケチがつけようがないでしょう。あとはキタサンブラックが得意とする1枠1番を引き当てることができれば、もう言うことはないですね」(記者)

 有馬記念がラストランになると発表しているキタサンブラック。有終の美を飾り、将来2018年を振り返る際に、まさに『北』の1年だったと思わせてもらいたいものだ。

「北」を持つ「北」島三郎のキタサンブラックが有馬記念勝利確実!? 「今年の漢字」もラストランを後押しのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】