GJ > 競馬ニュース > 「神10」誕生の悲劇  > 2ページ目
NEW

JRA騎手「神10」誕生の悲劇……2年連続トップ10に変化なし「1年100勝単位」で広がり続ける騎手格差に悲鳴

【この記事のキーワード】, ,

 実は、この数字は過去3年間の「リーディングトップ10」入りを果たした騎手10人の勝ち星の合計である。ご覧いただいた通り、2015年からここ3年間で「毎年約100勝」が上積みされている。

 言い換えればトップ10以下の騎手の勝ち星が、毎年約100単位で減少し続けているということだ。無論、下位の騎手であればあるほど目の前の1勝を掴めるかが死活問題であり、そう考えれば極めて深刻な事態といえるだろう。

 さらにこの深刻さに輪を掛けているのが、上位陣の固定化だ。下記は昨年と今年のトップ10騎手並びに勝ち星の一覧である。

JRA騎手「神10」誕生の悲劇......2年連続トップ10に変化なし「1年100勝単位」で広がり続ける騎手格差に悲鳴の画像2

ご覧いただいた通り、綺麗に10色に分けることができた。つまり、トップ10は「2年連続まったく同じ騎手10人で固定されている」ということだ。AKB48の「神7」ならぬ「神10」である。そして彼らの”取り分”が、今年になって「1132」→「1263」と131勝分、さらに下から吸い上げられたということだ。

「リーディング上位騎手の技術が優れているのは当然ですが、ここまで極端な格差が生まれるのは、偏に騎乗仲介者エージェントの影響が大きいと思いますね。

騎乗仲介者は騎手にとって、騎乗依頼を整理して最適化してくれる非常にありがたい存在です。ですが、無駄がなくなり合理的な効率化が進むほど、上位陣にスキがなくなり下位陣との格差は広がりやすくなります。

今はとにかく有能な騎手に、有能なエージェントが付き、有能な馬が集まる時代。もともと勝てば勝つだけ、勝ちやすい馬が集まるのが騎手界のサイクルだけに、今の時代で何の手立てもなくリーディング上位に顔を出すのは至難の業といえますね」(競馬ライター)

競馬を主催するJRAはそういった騎手の格差問題も重要視して、今年エージェント制度の見直しに踏み切ったが、残念ながらほぼ空振りに終わってしまった。実は昨年、そして今年のトップ10の内、戸崎騎手と内田騎手、デムーロ騎手と川田騎手、福永騎手と岩田騎手はエージェントが同じであり、来年ますます”力”の編重が加速しそうだ。

JRA騎手「神10」誕生の悲劇……2年連続トップ10に変化なし「1年100勝単位」で広がり続ける騎手格差に悲鳴のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  7. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  8. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  9. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  10. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分