GJ > 競馬ニュース > 美浦関係者「絶賛」2頭
NEW

JRA美浦関係者「絶賛」2頭がラジオNIKKEI賞を制す!? 「昨年覇者より上」あの良血馬

【この記事のキーワード】, ,
JRA美浦関係者「絶賛」2頭がラジオNIKKEI賞を制す!? 「昨年覇者より上」あの良血馬の画像1

 今週の日曜日に福島競馬場で行われるラジオNIKKEI賞(G3)。芝1800mで行われる3歳限定のハンデ戦である。春のクラシックにうまく乗れなかった馬たちが、ここで賞金を上積みして秋以降に弾みをつけたいところだ。

 そこで美浦から2頭のイチ押しの情報が届けられたのでご紹介しよう。

 まずは、イェッツト(牡3 美浦・金成貴史厩舎)だ。

 昨年12月の新馬戦でデビュー。6番人気ながらも新馬勝ちを決め、翌年1月の京成杯(G3)に出走し3着に。つづく500万下の特別戦は7着に敗れるも、次のプリンシパルSは、勝ったコズミックフォースとは同タイムの、アタマ差+クビ差の3着。陣営も期待を持って見ていたようで「速いタイムに適用できたのは大きな収穫」(厩舎関係者)だったようだ。

「これまでは成長がゆっくりで、レース間隔を開けて出走させてきたようですが、ここにきて目に見えない疲れも考えて、前走後ノーザンファーム天栄に放牧に出されました。

放牧先で立て直されて6月に帰厩。追い切り本数は4本と少ないんですが、美浦の坂路とウッドコースを併用し、心肺機能は鍛えられてきました。すでに先々週の追い切りで一杯に追われて馬体はできており、一週前と今週の追い切りは、強目の追い切りでベストの状態を維持しています。厩舎関係者の話では『斤量も問題なく確実に脚は使ってくれる。上位争いは可能』とのことでした」(競馬記者)

 イェッツトの父は、現在九州の馬産地で種牡馬として活躍しているカンパニー。イェッツトの活躍次第では、産駒の評価も変わってくるだけにホースマンたちも熱い視線を送っているに違いない。

JRA美浦関係者「絶賛」2頭がラジオNIKKEI賞を制す!? 「昨年覇者より上」あの良血馬のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 横山武史「コメントしないから!」に現場騒然…怒りが収まらなかったソールオリエンスの惜敗、手塚貴久師「2馬身くらいロス」の裏事情
  2. 天皇賞・秋(G1)イクイノックス対ドウデュースが実現!川田将雅の有力馬とあの「香港最強馬」の再戦も!?
  3. 幻のダービー馬と菊花賞馬の「落選」を惜しむ声続々…メイケイエールも一歩届かず、ぬいぐるみ化が実現したのは?
  4. 「レイデオロ以上の乗りやすさ」C.ルメールがゾッコンの大物登場か…「失敗種牡馬」の評価を覆す反撃、エフフォーリアの鹿戸雄一師も「いいモノを持っていそう」
  5. 「距離延びていいと思わん」安藤勝己氏がセントライト記念組を辛口ジャッジ! 元一流騎手の見解に「今年はお願いしますよ」の声が出たワケ
  6. 1着賞金「約5億円」でも重賞じゃない!? 武豊が挑むジャパンCや有馬記念並みの注目レース、オオバンブルマイと「大盤振る舞い」なるか
  7. 武豊「秋華賞見学」の可能性も…ソーダズリング「完敗」で本番出走に黄色信号、桜花賞のパートナーも路線変更で見込み薄?
  8. 風雲急を告げる菊花賞戦線…ソールオリエンスが敗れタスティエーラは「50年ぶり」の壁、混戦模様のキーワードは「マヤノトップガン」を探せ?
  9. JRA荻野極と横山武史が「誤爆」で一触即発!?「ふざけんな!ナメてんのか!」1番人気大敗の腹いせにタオル投げるも……
  10. 「帰国」J.モレイラも心中複雑!? ソールオリエンスと互角「噂の大物」圧巻デビューに“マジックマン”がベタ惚れ