GJ > 競馬ニュース > “変則ローテ”が主流!?  > 2ページ目
NEW

JRA「新時代」は”変則ローテ”が主流!? 新潟記念(G3)圧勝ブラストワンピース菊花賞直行も「これこそが王道」である理由

JRA「新時代」は変則ローテが主流!? 新潟記念(G3)圧勝ブラストワンピース菊花賞直行も「これこそが王道」である理由の画像2

 今年に至っては、アーモンドアイが1月のシンザン記念(G3)からの直行で史上初の桜花賞(G1)制覇。10着に敗れたプリモシーンも1月のフェアリーS(G3)からの直行組であり、この夏も関屋記念(G3)から秋華賞(G1)に進む、常識破りのローテーションが注目されている。

 そして、新潟記念を快勝し菊花賞に挑むブラストワンピースもまた、春は毎日杯(G3)から王道トライアルを使わずに日本ダービー(G1)へ直行している。

「これらの共通点は、すべて社台グループが運営する大手一口馬主クラブの所有馬。毎年、綺羅星のごとく数多の有力馬を抱えているスター軍団ですが、クラブ関係者の話によると『春のクラシックなどは”ノーザン関係の馬”で、どれだけ枠を埋められるかが意識されている』とのこと。

そのため、早めに賞金を加算した馬はトライアルを避け、賞金の足りない他のノーザン関係馬が賞金を加算したり、権利を獲れるように調整しているようです。いわゆる”使い分け”で、変則ローテが注目されるブラストワンピースも、その内の1頭ということなのでしょう」(競馬記者)

 実際にブラストワンピースが目指す菊花賞(G1)には、夏に信濃川特別(1000万下)を勝ち上がったグロンディオーズや、ラジオNIKKEI賞(G3)で2着したフィエールマンなどの「ノーザン関係の馬」が、王道トライアルを使わずに直行することが決定している。

 そして、そこにはセントライト記念(G2)に出走を予定しているダービー馬の弟レイエンダなど、他のノーザン関係馬に対する配慮があるそうだ。

 だが、そういった使い分けも「結果」が出なければ、逆にマイナスとなってしまう。使い分けは、言うなれば「人の都合」であり、走るのは馬だ。そうそう上手くいくものなのだろうか。

「それを可能性にしているのが、ノーザンが誇る外厩施設ですね。特に、アーモンドアイやブラストワンピースが利用しているノーザンファーム天栄の調教施設は『トレセン以上』のと名高いことで有名です。

JRA「新時代」は”変則ローテ”が主流!? 新潟記念(G3)圧勝ブラストワンピース菊花賞直行も「これこそが王道」である理由のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  7. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  8. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  9. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  10. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分