GJ > 競馬ニュース > チャンピオンズCは「3点」
NEW

JRAチャンピオンズC(G1)は「三連単3点」でOK!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とは

【この記事のキーワード】, ,

 2日(日)に開催される秋のダート王決定戦チャンピオンズC(G1)に「鉄級」の勝負馬を発見。「現場情報至上主義・ジェームスT」が、入手した「有力関係者ネタ」から渾身の「3点」勝負を決行したいと思う。

 本命「◎」に選んだのは、ダート界を背負う大物2番ルヴァンスレーヴ(牡3、美浦・萩原清厩舎)だ。

JRAチャンピオンズC(G1)は「三連単3点」でOK!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とはの画像1

 昨年の全日本2歳優駿(G1)を制した実力馬。今年の始動戦の伏竜S(OP)こそ2着に敗れたが、続くユニコーンS(G3)は3馬身半差をつける完勝。ジャパンダートダービー(G1)も問題なく勝利し3歳ダート界の頂点に立つ。

 古馬との初対戦になった前走の南部杯(G1)では、帝王ゴールドドリームに1馬身半の差を付け圧勝。新時代の幕開けを感じさせる内容だった。気になるのは状態面だが稽古の動きは上々。絶対王者の誕生は確実に近づいている印象だ。

「状態面に不安はないね。陣営も『いい調整ができた』『前走と変わりない状態』とトーンが高い。前走は古馬相手に底知れない強さを感じさせたよね。『ゴールドドリームに勝ったことは心強い』と手応えを掴んだ様子。今回は強いメンバーが揃ったけど、全く気にはしていないようだ。最大のライバルであるゴールドドリームもいないしね。

過去6勝を5つの競馬場で勝っていることも魅力だよね。陣営も『中京コースでも心配はしてない』ときっぱり。『あとはミルコ(デムーロ騎手)に一任するだけ』と自信満々。ここは買わない理由がないよ」(競馬関係者)

「〇」にはJBCクラシック(G1)覇者8番ケイティブレイブ(牡5、栗東・杉山晴紀厩舎)をあげたい。

JRAチャンピオンズC(G1)は「三連単3点」でOK!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とはの画像2

 昨年のダートの頂上決戦・帝王賞(G1)だけではなく川崎記念(G1)やダイオライト記念(G2)を勝利。10月の日本テレビ盃(G2)も圧勝しているように、その実力は疑いようがない。

 前走のJBCクラシックは力強い伸び脚で差し切り中央G1初制覇を達成。以前は先行押し切りがスタイルだったが、レース運びに幅が出てきたのは大きな強み。このメンバーの中でも実力は間違いなく上位だ。

JRAチャンピオンズC(G1)は「三連単3点」でOK!? 有力情報が導く「鉄級」の勝負馬とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」