NEW

JRA「注目新馬」重鎮キングカメハメハ産駒の大物登場! 3場開催で熱戦展開

【この記事のキーワード】, ,
JRA「注目新馬」重鎮キングカメハメハ産駒の大物登場! 3場開催で熱戦展開の画像3

阪神競馬場 第5R 2歳新馬(芝1600メートル)

 阪神JF、桜花賞と若い牝馬が目指す大舞台が開催されるこのコース。ここでチェルヴィーノ(牝2歳、栗東・音無秀孝厩舎)が初陣を飾る。

 父リアルインパクト、母スネガエクスプレス、母父は米クラシックの2冠を達成した名馬ウォーエンブレム、母母はアルゼンチンのG1レース優勝歴もあるサンスプリングという血統。

 先週は同産駒のインザムービーが惜しくもクビ差で2着。父に勝利をプレゼントすることができるだろうか?

 ここではカヴァス(牡2歳、栗東・平田修厩舎)が対抗として上げられるだろう。

 父カレンブラックヒル、母ラテアート、母父サクラバクシンオーとスプリント向きだと思われる血統。鞍上は和田竜二騎手を予定している。

函館競馬場 第5R 2歳新馬(芝1200メートル)

 今年の新種牡馬の中で、最も注目を集めるキズナ産駒のビアンフェ(牡2歳、栗東・中竹和也厩舎)が出走を予定。

 母馬はスプリントで活躍したルシュクル、母父はサクラバクシンオー。半姉には15年の函館2歳S(G3)を勝ったブランボヌール(父ディープインパクト)がいる。

 そのブランボヌールは函館競馬場の1200メートル戦で2勝。さらに札幌競馬場のキーンランドC(G3)を勝っており、北海道の馬場への適性はありそうだ。

 先週、ルーチェデラヴィタがキズナ産駒としてJRA初勝利をあげた。ビアンフェもこれに続けるだろうか。藤岡佑介とのコンビで勝利を狙う。

 D.レーン騎手のオータムレッド(牝2歳、美浦・手塚貴久厩舎)が対抗となりそうだ。

 同馬も新種牡馬産駒だが、こちらは父がワールドエース。今年はディープインパクトの後継種牡馬争いにも注目だ。

 今年はどの馬がクラシックに出走するのだろうか?

JRA「注目新馬」重鎮キングカメハメハ産駒の大物登場! 3場開催で熱戦展開のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】