GJ > 競馬ニュース > 【日経新春杯(G2)展望】
NEW

JRA【日経新春杯(G2)展望】武豊レッドジェニアル「覚醒」の大チャンス! 昨年「海外G1制覇」グローリーヴェイズに続く、中長距離の新鋭出現か

JRA【日経新春杯(G2)展望】武豊レッドジェニアル「覚醒」の大チャンス! 昨年「海外G1制覇」グローリーヴェイズに続く、中長距離の新鋭出現かの画像1

 19日、京都競馬場で日経新春杯(G1)が行われる。

 今年の中長距離戦線を占うレースだが、昨年の覇者グローリーヴェイズは、春の天皇賞(G1)でも2着。秋には香港ヴァーズ(G1)を勝つなど、大きく飛躍した。今年も、小さくはない可能性を秘めた新鋭が数多くエントリーする楽しみなメンバーとなっている。

「飛躍」という意味で最も期待が高まるのは、明け4歳を迎えるレッドジェニアル(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)だ。

 前走の菊花賞(G1)は6着という結果だったが、同距離2400mの神戸新聞杯(G2)の内容が光る。4着とはいえ、前を走っていたのはサートゥルナーリア、ヴェロックス、ワールドプレミアと考えれば、このメンバーなら胸を張れる実績だ。

 また京都コースでは、昨春の京都新聞杯(G2)で、後のダービー馬ロジャーバローズを撃破と相性は抜群。間隔を開けたことで陣営も「菊花賞の疲れはない」と判断。「ダービーはもうひと踏ん張りできそうな脚を使っていましたし、2400mは大丈夫」と胸を張る。新コンビを組む武豊騎手は、すでに8勝と今年も好調をキープ。春のG1戦線へ、ここで弾みをつけるか。

JRA【日経新春杯(G2)展望】武豊レッドジェニアル「覚醒」の大チャンス! 昨年「海外G1制覇」グローリーヴェイズに続く、中長距離の新鋭出現かの画像2

 充実度ではこちらも負けていない。遅咲きのアフリカンゴールド(セン5歳、栗東・西園正都厩舎)が待望の重賞初制覇を狙っている。

 昨年、4番人気に支持されながら15着に大敗した日経新春杯へ、成長したアフリカンゴールドが帰ってきた。

 昨秋の六社S(3勝クラス)で自己条件を勝ち上がると、前走のアルゼンチン共和国杯(G2)は1番人気に推されて3着。勝ったムイトオブリガードとは0.2秒差と、重賞クラスでやれるところを見せた。鞍上の福永祐一騎手とは昨秋の六社S以来のコンビ。ここは1着がほしいところだ。

 そんなアフリカンゴールドにアルゼンチン共和国杯で先着したのが、タイセイトレイル(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 この馬の最大の長所は、なんといってもタフさ。昨年のこの時期には、まだ500万下の身だったが、そこから11戦。しかもハーツクライ産駒らしく、走るたびに成長を繰り返し、オープン馬としてこのレースを迎えている。

 前走のジャパンC(G1)こそ15着に大敗したが、前々走のアルゼンチン共和国杯では上がり最速の末脚で2着。矢作厩舎のハーツクライ産駒といえばリスグラシュー。昨年の年度代表馬に一歩でも近づく走りを見せたい。

 矢作厩舎から挑戦するもう1頭、サトノガーネット(牝5歳、栗東・矢作芳人厩舎)も侮れない存在だ。

 昨年は夏に五稜郭S(3勝クラス)を勝ってオープン入りを決めたサトノガーネットだが、そこから牝馬限定重賞で6着→8着→9着と重賞の壁に跳ね返される存在だった。

 しかし、前走の中日新聞杯(G3)では持ち前の末脚が爆発。上がり3ハロン最速となる33.3秒の末脚で重賞初制覇を飾っている。

 これまでの全5勝は、すべて牡馬が相手。逆に牝馬限定戦では馬券圏内に入ったこともないだけに、牡馬相手が好条件と考えれば怖い存在だ。

JRA【日経新春杯(G2)展望】武豊レッドジェニアル「覚醒」の大チャンス! 昨年「海外G1制覇」グローリーヴェイズに続く、中長距離の新鋭出現かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  9. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  10. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑