GJ > 競馬ニュース > 福永祐一に辛辣コメント……
NEW

元JRA藤田伸二「何がしたかったん?」福永祐一に辛辣コメント……。大阪杯(G1)“不完全燃焼”ワグネリアンに同情の声!?

元JRA藤田伸二「何がしたかったん?」福永祐一に辛辣コメント……。大阪杯(G1)不完全燃焼ワグネリアンに同情の声!?の画像1

 5日、阪神競馬場で開催された大阪杯(G1)は、ラッキーライラックが優勝し、G1・3勝目を飾った。

 レースの下馬評は、人気上位「5頭」が単勝オッズ3.8~5.2倍の混戦模様で、この5頭による決着が予想された。結果は、2番人気ラッキーライラック、4番人気クロノジェネシス、1番人気ダノンキングリーの順で決着。おおかたの予想通り、有力馬が上位を占めた。

 例年、大阪杯はBコース替わり初週に開催されるため、先行馬有利の傾向がある。実際に上位3頭はすべて3番手以内から競馬を進めており、今年も前残りのレース結果となった。

 有力馬の1頭であるブラストワンピースはスタートで出脚がつかず、後方からの競馬を余儀なくされた。その結果、4コーナーで大外を回すロスが響いて7着に敗れる。

 そしてもう1頭の有力馬ワグネリアン(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)は、“不完全燃焼”の敗戦となった。

 勝ち馬ラッキーライラックの直後の5番手から競馬を進めたワグネリアン。終始インを回り、いい位置取りに思われた。しかし、最後の直線では進路が塞がってしまい、5着に敗れる。

 鞍上の福永祐一騎手は「非常にコンディションは良かった。ラッキーライラックが速くて、取りたい位置を取れなかった。もう一列前で運びたかった。持ち味を発揮できる形に持ち込めなくて残念」と不完全燃焼の結果に悔しさを滲ませた。

「大阪杯は内で脚を溜めて、勝負所まで追い出しを我慢したラッキーライラックの見事な勝利でした。4コーナーで、ワグネリアンの前には脚を溜めるラッキーライラック、外には他の馬が上がってきて、完全に包まれる形になってしまいました。その状況から、直線でのヨーイドンでは分が悪いですね。

 実力を発揮しきれなかったワグネリアンの次走は期待できそうですね。今回は運が悪かったです。

 しかし福永騎手といえば、チュウワウィザードに騎乗した昨年のチャンピオンズC(G1)でも直線で進路が塞がり、4着に敗れました。G1レースで、再度苦い騎乗になってしまいましたね」(競馬記者)

 また元ジョッキーの藤田伸二氏は自身のツイッターで大阪杯を回顧。その中で「祐一は何がしたかったん?」と辛辣なコメントをしている。

 残念ながら大阪杯でワグネリアンを不完全燃焼に終わらせてしまった福永騎手。3月29日の高松宮記念(G1)でも、1番人気タワーオブロンドンで12着に惨敗。2週連続で上位人気馬に騎乗しながら、G1レースで結果を出すことができていない。

 だが、4日(土)には1日で「5勝」を挙げる大活躍だっただけに、決して調子が悪いわけではないだろう。

 今週末の桜花賞(G1)では、クイーンC(G3)勝ち馬ミヤマザクラに騎乗予定。そして、19日の皐月賞(G1)では、最優秀2歳牡馬コントレイルとのコンビで参戦を予定している。

 まだ春のG1シーズンは始まったばかり。福永騎手には高松宮記念、大阪杯の借りをG1の舞台で返してほしいところだ。

元JRA藤田伸二「何がしたかったん?」福永祐一に辛辣コメント……。大阪杯(G1)“不完全燃焼”ワグネリアンに同情の声!?のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】