NEW

JRA武豊も注目!? 【エクリプスS(G1)展望】世界最強馬エネイブル始動戦に豪華メンバーが集結! 最大目標・凱旋門賞を占う重要な戦い

【この記事のキーワード】, ,
JRA武豊も注目!? 【エクリプスS(G1)展望】世界最強馬エネイブル始動戦に豪華メンバーが集結! 最大目標・凱旋門賞を占う重要な戦いの画像1
エネイブル 競馬つらつらより

 5日、イギリスのサンダウン競馬場でエクリプスS(G1)が開催される。今年のイギリス競馬は新型コロナウイルスの影響で3月17日から中断していたが、6月1日から開催を再開した。この中断期間中には2000ギニー(G1)開催日なども含まれていたため、同レースをはじめとしたクラシック競走は延期での開催となっている。

 幸いにも、例年通りの開催となったエクリプスSには豪華メンバーが集結した。また、日本での馬券発売もあるため、多くの競馬ファンが注目しているのではないだろうか。

JRA武豊も注目!? 【エクリプスS(G1)展望】世界最強馬エネイブル始動戦に豪華メンバーが集結! 最大目標・凱旋門賞を占う重要な戦いの画像2

 まず、最も活躍に期待がかかるのは日本代表ディアドラ(牝6歳、栗東・橋田満厩舎)だ。

 昨年から活動の拠点を海外に移し、ドバイ、香港、イギリス、アイルランド、サウジアラビアと世界中のレースを転戦している。これだけワールドワイドに第一線で活動している馬は日本競馬史上初だ。

 昨年8月にイギリスのグッドウッド競馬場で行われたナッソーS(G1)で悲願の海外G1制覇を飾ったディアドラ。その後も、愛チャンピオンS(G1)で4着、英チャンピオンS(G1)で3着と好走しており、欧州の芝への適応も感じられる。現在、ニューマーケットを拠点に調整されており、日本馬ながら出走条件は欧州馬と変わらない。

 鞍上のO.マーフィー騎手は日本でもお馴染みの名手。ナッソーS以来5戦続けてコンビを組んでおり、すでにディアドラを手中に収めているはずだ。6戦ぶりの勝利に名手の手綱捌きに期待がかかる。

 また、今年の最大目標を凱旋門賞(G1)に置いているため、好メンバーが揃ったエクリプスSは重要な1戦となる。

 次に、世界中が熱い視線を注ぐのが世界最強馬エネイブル(牝6歳、英・J.ゴスデン厩舎)だろう。

 15戦13勝、G1・10勝を誇るエネイブル。凱旋門賞2連覇、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)2勝と凄まじい経歴を持つ、言わずと知れた最強馬だ。

 だが、3連覇に挑んだ昨年の凱旋門賞では2着に敗れた。その結果、当初は年内で引退予定だったが、引退を撤回し現役続行を表明。今年、もう一度「史上初」の凱旋門賞3勝目を目標にしているのだ。

 昨年の凱旋門賞以来、9か月ぶりの実戦となるエネイブルだが、陣営はしっかりと策を練っている。6月17日のプリンスオブウェールズS(G1)も始動戦の選択肢だったが、当時は競馬が再開したばかりということや社会情勢を踏まえて、開催がより確実なエクリプスSを選択。ここを目標に予定通りの入念な調整をされている。

 エネイブルにとってここは通過点かもしれない。いったいどのような走りを見せるか注目したい。

JRA武豊も注目!? 【エクリプスS(G1)展望】世界最強馬エネイブル始動戦に豪華メンバーが集結! 最大目標・凱旋門賞を占う重要な戦いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【東京新聞杯(G3)予想】ナミュール、ピンハイは力不足で切り!? 切れ味だけでないマイル重賞だから拾える穴馬をチョイス
  2. 和田竜二「200連敗」の原因にJRA新ルール? “闘魂”を奪われたファイターが大苦戦…遠い2023年初勝利
  3. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  4. 【きさらぎ賞(G3)予想】オープンファイアは「遅い」ので切り!少頭数だから3連複1点で仕留める!
  5. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  6. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  7. 武豊&ライトクオンタム、桜花賞「直行」に蘇る5年前の明暗。アーモンドアイが全国区になり、ラッキーライラックの無敗街道が終わった日
  8. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  9. JRA武豊「G1級」超強力パートナーをゲット! C.ルメール、福永祐一も能力の高さに太鼓判、嬉しい誤算が舞い込んだ裏事情
  10. 今村聖奈が快勝も「ブチ切れ案件」? JRA安藤勝己氏「ルメール向きの馬やない」賛否分かれた降板を一刀両断! 武豊、福永祐一に匹敵する注目度の騎手?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】