GJ > 競馬ニュース > 「単勝1.4倍」アーモンドアイを超える絶対性
NEW

JRA天皇賞・秋「単勝1.4倍」アーモンドアイを超える絶対性。武豊とサイレンススズカが「1.2倍」に支持された意味

【この記事のキーワード】, ,

JRA天皇賞・秋「単勝1.4倍」アーモンドアイを超える絶対性。武豊とサイレンススズカが「1.2倍」に支持された意義の画像1

 史上初の芝G1・8勝目到達、C.ルメール騎手の天皇賞5連覇など、記録ずくめだったアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)による天皇賞・秋(G1)連覇。

 記憶にも記録にも残る偉業を達成したアーモンドアイだが、実はもう1つ、ある記録を達成している。

 今回のアーモンドアイの単勝1.4倍は、天皇賞・秋における「単勝払い戻し」の最低オッズを記録。ちなみに従来の記録は昨年のアーモンドアイの単勝1.6倍だっただけに、自ら記録を更新したことになるのだ。

 10月の菊花賞(G1)ではコントレイルが単勝1.1倍に応えて無敗の三冠を達成したが、これは春の二冠でも繰り返された同世代同士の争いだった。

 対して、3歳馬も含め様々なカテゴリーから強豪が集う天皇賞・秋において、単勝1.4倍に支持されること自体がアーモンドアイの「絶対性」を物語っているといえるだろう。

 だが、実は天皇賞・秋における「単勝」の最低オッズはアーモンドアイではなく、サイレンススズカである。

 1998年の天皇賞・秋において、サイレンススズカが記録した単勝オッズは驚愕の1.2倍。61.9%という圧倒的な支持を集めた。この年の宝塚記念(G1)を制していたものの、G1・1勝馬のサイレンススズカが、G1・7勝馬だったアーモンドアイを超える単勝支持を集めた背景には、当然ながら相応の「絶対性」が存在した。

 3歳12月の香港国際C(G2)で天才・武豊騎手と初のコンビを組んだサイレンススズカ。武豊騎手が「ジョッキーは騎乗依頼が来るのをじっと待つしかない」と言い続けていた自身のスタイルを崩し、本馬への騎乗を直訴したことがきっかけだった。

 レースは5着に敗れたものの、武豊騎手が「この馬には押さえない競馬が向いている」と大きな手応えを掴んだサイレンススズカは、翌年2月のバレンタインS(OP)から怒涛の6連勝。

 特に5月の金鯱賞(G2)は、当時5連勝で京都金杯(G3)と京都記念(G2)を制したミッドナイトベットが5番人気に留まるほどの豪華メンバーだったが、1000mを58.1秒で大逃げしたサイレンススズカがライバルたちを圧倒。前年の菊花賞馬マチカネフクキタルに1.8秒差をつける大差勝ちするなど、陣営が「負けるなんて考えられない」と断言するほどの充実ぶりだった。

 さらに宝塚記念(G1)を制して迎えた秋の毎日王冠(G2)で、サイレンススズカはさらなる進化を見せる。

JRA天皇賞・秋「単勝1.4倍」アーモンドアイを超える絶対性。武豊とサイレンススズカが「1.2倍」に支持された意味のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…【有馬記念】イクイノックス引退で19年ぶり「秋古馬三冠」ならず…ディープインパクト×ブラックタイドの「インブリード」は?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 【有馬記念】池添謙一、川田将雅の「鞍替え」で明暗?大きな影響及ぼしたイクイノックス引退…浮き彫りになった「ルメールファースト」の舞台裏
  3. 【有馬記念】シャフリヤール「緊急登録」でますます豪華?武豊ドウデュースとタスティエーラでダービー馬の3世代対決も実現か…エフフォーリア不在を惜しむ声も
  4. 川田将雅、福永祐一も認める「大器晩成」、4連勝中ディープインパクト産駒がついに復帰!「G1挑戦」の妹に繋げたいバトン
  5. 【阪神JF】まさかの事態でC.ルメールをゲット! 歓喜のステレンボッシュ陣営は「アーモンドアイではなくアパパネの再現」を狙う!?
  6. 「砂のグランプリ」に有馬記念に劣らない超強力メンバー集結!? ミックファイア、キングズソードら「4強対決」は実現するか
  7. 【有馬記念】ラストランのタイトルホルダーに追い風? 過去2敗でも今年は運も味方してくれるか
  8. 阪神JF『12番人気2着ウィルソンテソーロに続く注目穴馬』が出走。チャンピオンズCで12番人気を推せた理由とドリームチームのJFの決断
  9. 【阪神JF】永島まなみ「めちゃくちゃ悔しい」“踏み遅れ”で元相棒に惜敗…スイープトウショウ孫とG1初挑戦&前走の「リベンジ」へ!
  10. JRA「要注意人物」が有馬記念(G1)に騎乗!? 武豊が激怒した「アシスト疑惑」に「ダブル斜行」……有馬記念の外国人”事件”簿