GJ > 競馬ニュース > 松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト!  > 2ページ目
NEW

JRA松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト! 先週武豊に迫る11勝大爆発も痛恨の戦線離脱……

【この記事のキーワード】, ,

「ただ、3コーナーで内側へ斜行してしまったことが、松山騎手にとっては痛恨でしたね……。複数の馬が大きな不利を受けていましたし、これはもしかしたら騎乗停止になってしまうかもしれません」(同)

 そう記者が話す通り、カレンブーケドールは2週目の3コーナーで突然、内側に斜行。松山騎手も慌てて体勢を立て直そうとしたが、直後を走っていたウインキートスが大きく不利を受けると、ゴーフォザサミットなどの後続馬も巻き込まれた。

 これにはウインキートスの丹内祐次騎手も「状態は良かったし、いい手応えで回ってこられた。それだけに3コーナーで不利を受けたのが……すべてですね」と無念のコメント。ゴーフォザサミットの丸山元気騎手も「3コーナーでゴチャついたのが痛かった」と敗因を語った。

RA松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト! 先週武豊に迫る11勝大爆発も痛恨の戦線離脱……の画像2

 被害馬が上位馬ではなかったため、審議のランプが点灯することはなかった。だがレース後、JRAの公式ホームページでは「2周目3コーナーで、7番カレンブーケドールが内側に斜行したため、6番ウインキートスおよび14番ゴーフォザサミットの進路が狭くなりました。(その他1番に被害あり)」との決裁レポートが公開。松山騎手の4月10日から18日までの騎乗停止が決まった。

「不利を受けた陣営も痛いですが、松山騎手にとっても痛恨の騎乗停止となりました。この結果、少なくとも桜花賞(G1)のアールドヴィーヴル、皐月賞(G1)のグラティアスには騎乗できなくなります。どちらもチャンスのある有力馬だっただけに残念ですね」(別の記者)

 松山騎手といえば、先週は2日間で11勝を挙げる大爆発。武豊騎手が持つ12勝まであと一歩と迫り、『中日スポーツ』のコラムでも「あそこまでいったら、それに並びたかったなという気持ち」と語っていた。

「自分を指名して下さった陣営の方々のためにも、重賞初Vを決められるよう頑張ります」

 そうカレンブーケドールとの勝利を誓っていた松山騎手。残念ながら2着とあと一歩及ばなかったが、個人にとってはそれ以上に“痛い”敗戦となってしまった。

JRA松山弘平「騎乗停止」で桜花賞・皐月賞アウト! 先週武豊に迫る11勝大爆発も痛恨の戦線離脱……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】