NEW

JRA ワールドプレミア武豊「降板」は正しかったのか!? 天皇賞・春(G1)福永祐一に求められる代打成功の可能性とは

【この記事のキーワード】, ,

 全盛期の成績を含むため、武豊騎手の騎乗馬の質を考慮すると当然の結果かもしれないが、得意とする京都競馬場だけにさすがの成績といえる。

JRA ワールドプレミアの武豊「降板」は正しかったのか!? 天皇賞・春(G1)福永祐一に求められる代打成功の可能性とはの画像3

 一方、福永騎手の2勝の内訳は2013年菊花賞のエピファネイア(単勝1.6倍)と2020年菊花賞のコントレイル(単勝1.1倍)で挙げたもの。勝利数で頼りなく映るのは仕方ないが、07年天皇賞・春の2着エリモエクスパイア(11番人気)、16年菊花賞の2着レインボーライン(9番人気)、19年菊花賞のサトノルークス(8番人気)など、穴馬でもしっかりと結果を残しているのは魅力だ。

 ひとつ懸念があるとすれば、今回と同じように武豊騎手の負傷により、主戦を務めていたエアスピネルがR.ムーア騎手へ乗り替わりとなった2017年のマイルCS(G1)の例だろう。このとき、最終的に間に合った武豊騎手はジョーストリクトリに騎乗して最下位の18着。ムーア騎手のエアスピネルはハナ差の2着と敗れている。

 当時の状況に酷似する今回の一件だが、福永騎手はワールドプレミアを1着に導くことができるだろうか。その手綱捌きに注目したい。

(文=高城陽)

<著者プロフィール>
 大手新聞社勤務を経て、競馬雑誌に寄稿するなどフリーで活動。縁あって編集部所属のライターに。週末だけを楽しみに生きている競馬優先主義。好きな馬は1992年の二冠馬ミホノブルボン。馬券は単複派で人気薄の逃げ馬から穴馬券を狙うのが好き。脚を余して負けるよりは直線で「そのまま!」と叫びたい。

JRA ワールドプレミア武豊「降板」は正しかったのか!? 天皇賞・春(G1)福永祐一に求められる代打成功の可能性とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【シルクロードS(G3)予想】ナムラクレア、ウインマーベルを切り!「なさそうでアリの穴馬3頭」で万馬券を狙う!!
  2. 【根岸S(G3)予想】ダート転向大成功のギルデッドミラーを切り!本命は近走成績上々の穴馬
  3. 今村聖奈撃沈の裏で5年ぶり珍記録!? 「168か月連続」勝利の剛腕騎手が泥沼連敗地獄…「ダイワ消滅」を惜しむ声が続出!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. かつて「失敗の烙印」を押されかけた名牝シーザリオ、最後の産駒デビューで思い出される「13年前の奇跡」
  5. 「伝説の新馬戦」圧勝の大器と福永祐一が新コンビ! 復権へ負けられない一戦
  6. JRAレモンポップとギルデッドミラーでは決まらない!? 本命同士がワンツー決着した先週末、激走に自信の特注馬はこれだ【根岸S(G3)予想】
  7. 新たな「クロフネ来襲」で日本人騎手は面目丸潰れ!? JRA信者になったアノ騎手も再来日を熱望…「国外逃亡疑惑」の問題児も存在感
  8. 「3大始祖」消滅の危機……日本で「2頭」世界で「0.4%」の血を残すべく立ち上がったカタール王族の「行動」に称賛
  9. 元JRA藤田伸二氏「頭おかしいんちゃうか?」岩田康誠を猛批判! 騎乗馬にムチで“後脚キック”誘発か……ばんえい競馬事件を超える悪質行為「幅寄せ事件」の真相
  10. 「この条件は●●馬の独壇場」JRAシルクロードS的中のカギを握るのはトウシンマカオではなく、あの秘密兵器