GJ > 競馬ニュース > コントレイル「最弱三冠馬」のレッテル回避へ...
NEW

JRA コントレイル「最弱三冠馬」のレッテル回避へ崖っぷちのラスト2戦……天皇賞・秋、ジャパンCで示したい最後の威厳

【この記事のキーワード】, ,

JRA コントレイル「最弱三冠馬」のレッテル回避へ崖っぷちのラスト2戦……天皇賞・秋、ジャパンCで示したい最後の威厳の画像1

 昨年、史上3頭目の無敗の三冠馬に輝いたコントレイル(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が、年内で現役を退くことが判明した。

 コントレイルがラストシーズンに選んだレースは、31日に行われる天皇賞・秋(G1)と来月28日に行われるジャパンC(G1)の2戦。年末のグランプリである有馬記念(G1)には出走しない方針となった。

 管理する矢作師は「秋は2戦に全力投球して、やめたいと思います」と、秋2戦へ向けて意気込みを語っている。目前に控えている天皇賞・秋について「負けられない気持ちでいます」と、自信を見せた。

 この矢作師の発言を受けて、「そう言うのも無理はないでしょう」と、話すのは競馬記者だ。

「戦後の日本競馬ではコントレイルを含めて、これまで7頭の三冠馬がいます。そしてコントレイルを除いた6頭が三冠達成した後も、レースを勝利した経験があります」(競馬記者)

 戦前唯一の三冠馬で菊花賞(G1)を勝利して引退したセントライトを除き、戦後の三冠馬は三冠を達成してからも現役を続けている。そして、総じて古馬でも1勝以上を挙げている。

 国内G1を制し、日本代表として世界に挑戦したシンボリルドルフ、ディープインパクト、オルフェーヴルを始め、ナリタブライアンは菊花賞の後に有馬記念・阪神大賞典(G2)と連勝。その後、故障によって低迷期に入ったが翌年の阪神大賞典でマヤノトップガンに競り勝ち、三冠馬の“意地”を見せている。

 また日本競馬史上初の三冠馬対決で敗れたことや、他の三冠馬に比べて成績が見劣りしていることから「最弱」の三冠馬とも揶揄されることのあるミスターシービーでさえ、4歳秋に天皇賞・秋を制している。

「仮にコントレイルが今秋1勝もできず引退となったら、三冠後に1勝もできないままターフを去ることになります。

そうなれば、古馬になって天皇賞を勝ったミスターシービー以下と評価する人も出てくるでしょうし、女王アーモンドアイが去った今年、競馬界の中心に君臨すると信じていた多くのファンがガッカリすることは明らか。心無い一部のファンから、史上“最弱”の三冠馬と揶揄されても仕方ないかもしれません」(同)

 三冠競走は自分が生まれた世代の馬だけが相手だが、三冠競走が終われば世代を問わず戦うことになる。期待が大きい反面、未勝利が続けば「同世代でしか勝てない」や「世代弁慶」というレッテルを貼られても仕方がないだろう。

「コントレイルは父であるディープインパクトが他界したばかりなので、有力な後継種牡馬を残したいという陣営の思いもあるでしょう。

天皇賞・秋はグランアレグリア、エフフォーリアといった強豪馬が出走を表明しており、一筋縄ではいかないと思います。ただ、コントレイルには『三冠馬の名に恥じないレースを』と思っているのがファンの総意なのではないでしょうか」(同)

 崖っぷちに立たされているコントレイルだが、まずは矢作師が最適距離と考えている2000mの天皇賞・秋で三冠馬の“意地”を見せてくれるか注目したい。

(文=坂井豊吉)

<著者プロフィール>
全ての公営ギャンブルを嗜むも競馬が1番好きな編集部所属ライター。競馬好きが転じて学生時代は郊外の乗馬クラブでアルバイト経験も。しかし、乗馬技術は一向に上がらず、お客さんの方が乗れてることもしばしば……

JRA コントレイル「最弱三冠馬」のレッテル回避へ崖っぷちのラスト2戦……天皇賞・秋、ジャパンCで示したい最後の威厳のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  4. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  5. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  8. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  9. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  10. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野