GJ > 競馬ニュース > 三冠牝馬デアリングタクト「復帰」は今春か。「順調なら来月中旬には…」繋靱帯炎を乗り越え、継承すべき最強女王の系譜
NEW

JRA三冠牝馬デアリングタクト「復帰」は今春か。「順調なら来月中旬には…」繋靱帯炎を乗り越え、継承すべき最強女王の系譜

【この記事のキーワード】, ,
JRA三冠牝馬デアリングタクト「復帰」は今春か。「順調なら来月中旬には…」繋靱帯炎を乗り越え、継承すべき最強女王の系譜の画像1
デアリングタクト

 21日、長期休養中のデアリングタクト(牝5歳、栗東・杉山晴紀厩舎)が福島県・ノルマンディーファーム小野町へ移動したことがわかった。所属するノルマンディーサラブレッドレーシングの公式ホームページにて発表されている。

 三冠牝馬の「復帰」の足音が、いよいよ大きくなってきた。

 昨年4月のクイーンエリザベス2世C(G1)3着後、右前脚の体部繋靱帯炎で休養を余儀なくされていたデアリングタクト。あれから約8か月が経過したが、現在は着々と回復へ向かっているようだ。順調なら来月中旬には栗東近郊の育成場へ移動し、復帰へ向けたトレーニングを再開するという。

「昨年5月の検査結果を受け、岡田スタッドグループの岡田牧雄代表が『全治9か月』と話していましたが、順調に回復しているようで何よりですね。

繋靱帯炎は『不治の病』といわれる屈腱炎と同じく、これまで多くの競走馬が引退に追い込まれた深刻な症状。近年でも、デアリングタクトの父エピファネイアが繋靱帯炎で引退しています。

ファンとしては1日も早い復帰が待たれるところだと思いますが、不治の病と呼ばれる通り再発の可能性もあるので、復帰には細心の注意を払う必要があります。ここまで戻って来た以上、慌てずにじっくりと立て直してほしいです」(競馬記者)

 一昨年に史上初の無敗による牝馬三冠を成し遂げたデアリングタクト。続くジャパンC(G1)では現役最強馬アーモンドアイ、同世代の無敗の牡馬三冠馬コントレイルと激闘を繰り広げ、このレースはファンの間でも語り継がれる伝説となった。

 そしてアーモンドアイが引退した昨年、競馬界を背負って立つ存在として期待されたデアリングタクトだったが、始動戦の金鯱賞(G2)でギベオンにまさかの逃げ切り勝ちを許すと、続く香港のクイーンエリザベス2世Cでも日本のラヴズオンリーユー、グローリーヴェイズに続く3着。レース後、間もなく右前脚の体部繋靱帯炎が発表された。

 長期休養を余儀なくされる中、再戦が望まれていたコントレイルが昨秋のジャパンC(G1)で有終の美を飾って引退。最大のライバルがターフを去ったが、三冠女王は再び輝きを取り戻すことができるのだろうか。

「競走馬にとって深刻な症状と言える繋靱帯炎ですが、近年でもフェノーメノが繋靱帯炎を乗り越え、メジロマックイーン、キタサンブラックに続く史上3頭目の天皇賞・春(G1)連覇を成し遂げています。

デアリングタクトも順調にいけば今春に復帰戦を迎えることになるでしょうし、まずは無事に再びターフを走る姿を見せてほしいですね」(別の記者)

 元々の絶対能力の高さは牝馬三冠だけでなく、伝説の一戦となったジャパンCの力走を見ても明らか。クロノジェネシス、グランアレグリア、ラヴズオンリーユーら名牝がターフを去った今年、最強女王の系譜をデアリングタクトが引き継ぐ日を心待ちにしたい。

(文=大村克之)

<著者プロフィール>
 稀代の逃亡者サイレンススズカに感銘を受け、競馬の世界にのめり込む。武豊騎手の逃げ馬がいれば、人気度外視で馬券購入。好きな馬は当然キタサンブラック、エイシンヒカリ、渋いところでトウケイヘイロー。週末36レース参加の皆勤賞を続けてきたが、最近は「ウマ娘」に入れ込んで失速気味の編集部所属ライター。

JRA三冠牝馬デアリングタクト「復帰」は今春か。「順調なら来月中旬には…」繋靱帯炎を乗り越え、継承すべき最強女王の系譜のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  3. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  4. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  5. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  6. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  7. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  8. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に