GJ > 競馬ニュース > 武豊WASJ「首位発進」は計算通り!?「いい条件が揃っていた」先週の布石と、記者が語った2つの理由
NEW

武豊WASJ「首位発進」は計算通り!?「いい条件が揃っていた」先週の布石と、記者が語った2つの理由

武豊WASJ「首位発進」は計算通り!?「いい条件が揃っていた」先週の布石と、記者が語った2つの理由の画像1

 ジョッキーの祭典で日本が誇るレジェンドが魅せた。

 27日、札幌競馬場では国内外のトップジョッキーが激突するワールドオールスタージョッキーズ(WASJ)が3年ぶりに開幕。第1戦は、6番人気のメイショウツツジ(牝4歳、栗東・南井克巳厩舎)が鮮やかに差し切り、日本の武豊騎手がまずは存在感を示した。

 14頭立て、1200mの一戦。スタートを決めた最年長・柴田善臣騎手のスズカサウスソングがハナをうかがったところ、外から現在リーディングトップを快走する川田将雅騎手のミキノバスドラムが勢いよく制してハナへ。武豊騎手のメイショウツツジは、無理せず後方からの競馬となった。

 レジェンドの見せ場は最後の直線だ。レースの主導権を握ったミキノバスドラムが粘り込みを図る中、外に持ち出されたメイショウツツジの末脚が爆発。後方13番手から大外一気でライバルを飲み込むと、絵に描いたような大逆転でWASJ第1戦を制した。

「武豊騎手らしい鮮やかな騎乗でしたね。本人も『現在トップ(笑)』と上機嫌でしたよ。この日のメイショウツツジは+18kgと、デビュー以来最高の馬体重でしたが『体が増えて、とてもいい状態』とプラス材料だったようです。

WASJでは平等を期すために出走馬をA~Dにグループ分けし、抽選で騎乗馬が決まります。そんな中で、メイショウツツジと武豊騎手は唯一過去にコンビを組んだ経験がある組み合わせ。3走前と比較的最近でしたし、レースでの癖やイメージを先に掴めていたのは小さくないアドバンテージだったと思います。

ちなみに、このメイショウツツジはCグループでしたが、それで勝てたのは武豊騎手にとってWASJ制覇に向けて大きいと思いますね」(競馬記者)

 武豊騎手にとって、ワールドスーパージョッキーズシリーズ時代の1992年以来、2度目の制覇が大きく近付く会心の勝利。直線の短い札幌では、あまりお目に掛かれない直線一気だったが、記者曰く「狙い通りの騎乗だったのでは」とのことだ。

「首位発進」は計算通り!?

「実は先週の札幌の最終レースが芝1200mだったんですが、後方からレースを進めた武豊騎手のモンファボリが最後の直線で、メイショウツツジと同じように大外へ持ち出されて差し切っています。

武豊騎手からすれば当然印象に残っていたでしょうし、開催も進んで、今はあの辺りの馬場が伸びることも掴んでいたと思いますね。今年は札幌を拠点にしていますし、展開もハマりましたが、狙い通りの騎乗だったのではないでしょうか」(同)

「いい条件が揃っていたし、強い競馬でしたよ」

 レース後、そう語った武豊騎手は第2戦でもBグループのアサケレディで3着。初日に合計45ptを稼ぎ出し、トップスタートを決めている。このまま自身2度目の優勝なるか。2日目には、さらに熱い戦いが展開されそうだ。

銀シャリ松岡

銀シャリ松岡

天下一品と唐揚げ好きのこってりアラフォー世代。ジェニュインの皐月賞を見てから競馬にのめり込むという、ごく少数からの共感しか得られない地味な経歴を持つ。福山雅治と誕生日が同じというネタで、合コンで滑ったこと多数。良い物は良い、ダメなものはダメと切り込むGJに共感。好きな騎手は当然、松岡正海。

武豊WASJ「首位発進」は計算通り!?「いい条件が揃っていた」先週の布石と、記者が語った2つの理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】