NEW

【チャンピオンズC(G1)展望】テーオーケインズ「不安要素」浮上で3歳馬に勝機?

【チャンピオンズC(G1)展望】テーオーケインズ「不安要素」浮上で3歳馬に勝機?の画像1

 いよいよ2022年も残り約1か月。12月4日に中京競馬場で開催されるのは秋のダート王を決めるチャンピオンズC(G1)だ。

 最大の注目を集めるのは、連覇を狙うあの馬だろう。5歳にしてG1タイトルを3つ獲得しているテーオーケインズ(牡5歳、栗東・高柳大輔厩舎)である。G1・3勝のうちの1勝が1年前の当レースだった。

 昨年は秋初戦のJBCクラシック(G1)で4着に敗れ、連勝が3で止まっての一戦。3.3倍の単勝オッズが示す通り、絶対的な存在ではなかった。それでも直線では1頭だけ異次元の脚色で抜け出すと、最後は2着チュウワウィザードに6馬身差をつけての圧勝。JRA最優秀ダートホースにも選出された。

 その後は今年初戦のサウジC(G1)で8着、続く平安S(G3)は力の違いを見せつけ勝利したが、連覇を狙った帝王賞(G1)は4着と、G1未勝利で春競馬を終えた。

 そして迎えた秋は昨年に続きJBCクラシックから始動。隙のない競馬で完勝を収めたこともあり、今年は圧倒的1番人気が予想されている。

 登録メンバーを見渡しても、G1ウイナーは他に2頭だけ。テーオーケインズの連覇は濃厚にも思えるが、気になるのが昨春以降は2戦連続で好走していない点だ。G1初制覇を飾った昨年の帝王賞を起点に着順を振り返ると、1着→着外→1着→着外……。好走と凡走を交互に繰り返しており、この流れで行くと今回は凡走の番となる。

 逆にテーオーケインズにとって不安材料はこれくらいしかないともいえるが……。

 そんなテーオーケインズの連覇を止める筆頭候補がクラウンプライド(牡3歳、栗東・新谷功一厩舎)だ。

 前走JBCクラシックですでに対戦しており、その時は2着に逃げ粘ったものの、テーオーケインズには2馬身半突き放された。一発逆転を狙うなら、前走とは違う形を試すほかなさそうだ。JBCクラシックではハナを切る作戦を取ったが、それまでは好位から抜け出す先行策でも結果を残していた。

 3月のUAEダービー(G2)では好位の外目4~5番手から直線豪快に差し切っており、本来は末脚を生かす競馬もできるはず。5月に挑戦したケンタッキーダービー(G1)では13着に敗れたが、超ハイペースの中、4角先頭の積極的な競馬を見せており、海外の大舞台で培った経験を生かしたい。

 テーオーケインズとクラウンプライドに続くのは、ダート転向4戦目のジュンライトボルト(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

 デビューから長らく芝のマイル路線を歩んでいたが、この夏にダート路線に転向。ジュライS(L)でいきなり2着に好走すると、続くBSN賞(L)でダート初勝利を飾った。

 そして迎えた前走のシリウスS(G3)は、レースの上がり3ハロン時計が38秒1という非常にタフな流れの中、7番手から直線力強く抜け出して重賞初勝利を挙げた。

 芝ではやや安定感を欠く成績だったが、ダートに替わってからは3戦2勝、2着1回と崩れていない。芝では次々と大物を輩出する友道厩舎だが、これまでダートで活躍する馬はほとんどいなかった。ついにダートでも大物誕生となるか。

【チャンピオンズC(G1)展望】テーオーケインズ「不安要素」浮上で3歳馬に勝機?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補