NEW

安藤勝己氏がオグリキャップ縁の地で新企画…コラボ相手に浮上した意外な相手

【この記事のキーワード】, ,

安藤勝己氏がオグリキャップ縁の地で新企画…コラボ相手に浮上した意外な相手の画像1

 現役時代はダービー馬キングカメハメハをはじめ、ダイワスカーレットやブエナビスタなど、名だたる名馬の主戦を務めた「アンカツ」こと元JRA騎手の安藤勝己氏。中央に移籍する前は笠松競馬の騎手として活躍し、同時期に笠松からスターホースに成り上がったオグリキャップの主戦を務めていたことでも有名だ。

 現在は競馬評論家として活動しており、自身のTwitterで毎週のように発信している重賞回顧は、多くの競馬ファンに支持されている。

 そんな安藤氏が5日、自身のYouTubeチャンネル『アンカッちゃんねる』の登録者数が10万人超えしたことを、Twitterにて「銀の盾届いた」と報告。元騎手では細江純子氏の『スナックズンコちゃんねる』(5日現在の登録者11万人)に続く大台突破に、多くのフォロワーから祝福の声が上がっている。

 ただ、ファンの目をひと際引いたのは、その後の安藤氏の発言にあった。続けて、10万人を記念してコラボ企画の話題を切り出すと、「岐阜つながりで、BreakingDownでブレイクしたあの格闘家と食べ歩きとかやったからウケるやろか?」とツイート。競馬とは全く関係のない格闘家とのコラボ企画を提案したことが、ファンの間で大きな話題を呼んでいる。

「今や大人気の格闘技イベントとはいえ、安藤氏の口から『BreakingDown』の名前が出たのは驚きでしたね(笑)。おそらく、そこでブレイクした岐阜の格闘家といえば、元プロボクサーの飯田将成さんでしょうか。実際、ファンの反応を見ても、『岐阜といえば飯田さん』『飯田さんとのコラボ、めっちゃ見たい』と安藤氏があげた人物を飯田さんと推測する声も多く上がっています。

7月に行われた『BreakingDown5』でのド派手なKO勝利をキッカケに、一躍有名になった飯田さん。ボクシングを辞めた後、2012年からジムを経営しているようです。安藤氏が現在どこに住んでいるかはわかりませんが、本人が『岐阜つながり』と話していたように、幼少期は岐阜に住んでいた関係もあって、コラボの話題がでたのではないでしょうか。

それに、飯田さんは自身のYouTubeチャンネルで食べ歩き企画が大好評ですしね。ファンの反応によっては、飯田さんとのコラボが実現するかもしれません」(競馬誌ライター)

 また、同ツイートで安藤氏は「小さい頃からよう知っとって、今の活躍にまあ驚いとる」と飯田さんとの驚きの関係性も明かしている。

『アンカッちゃんねる』では、主にG1などビッグレースの関係動画をアップすることが多いが、登録者数10万人を記念して飯田さんとのコラボが実現するようなら、安藤氏の新たな一面がYouTubeを通して見られるかもしれない。

ハイキック熊田

〈著者プロフィール〉

ウオッカ全盛期に競馬と出会い、そこからドハマり。10年かけて休日を利用して中央競馬の全ての競馬場を旅打ち達成。馬券は穴馬からの単勝・馬連で勝負。日々データ分析や情報収集を行う「馬券研究」三昧。女性扱いはからっきし下手だが、牝馬限定戦は得意?

安藤勝己氏がオグリキャップ縁の地で新企画…コラボ相手に浮上した意外な相手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  2. 【京都記念(G2)展望】武豊「ダービー馬としてのメンツがある」、復活勝利はドウデュースか、エフフォーリアか…
  3. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  4. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  5. 鮫島克駿「痛恨の敗戦」に大先輩・岩田康誠をチクリ!? キタサンブラック産駒の秘密兵器がクラシック黄色信号…
  6. 【共同通信杯(G3)展望】福永祐一「重賞13勝」の得意コースで最後の騎乗!ダノンザタイガー、レイベリングら強敵相手に一発狙う
  7. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…
  8. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  9. ダート王ジュンライトボルト「冷徹」主戦降板劇に同情の声…G1初制覇の若手騎手→世界のR.ムーアでサウジCへ
  10. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補