GJ > 競馬ニュース > 「特大万馬券」の使者を見つけたゾ! ロバートソンキーら上位人気馬に隙あり…武豊ヤマニンゼスト以外もお宝馬券にワクワク【日経新春杯(G2)予想】
NEW

JRA「特大万馬券」の使者を見つけたゾ! ロバートソンキーら上位人気馬に隙あり…武豊ヤマニンゼスト以外もお宝馬券にワクワク【日経新春杯(G2)予想】

JRA「特大万馬券」の使者を見つけたゾ! ロバートソンキーら上位人気馬に隙あり…武豊ヤマニンゼスト以外もお宝馬券にワクワク【日経新春杯(G2)予想】の画像1

 昨年夏からスタートした本企画も何とか無事に年越し。自称競馬界のインフルエンサーの肩書きで参加した黒井零だったが、過激な発言でTwitterのアカウントを凍結される非常事態も経験した。

 イーロン・マスク氏がTwitter社を買収したことで、風向きが変わるのではないかと淡い期待を持ったものの、運営に問い合わせたメールはいまだ返信なし。「返せよ!それはマミさんのものだ!」という悲しみの声に対し、もはや返事がないただの屍のようである。

 さて、暗い話はこのくらいにして、新年第1回の予想に入りたい。

 本企画は一応、編集部きっての穴党・黒井零と逆神の中川大河による「独断と偏券」の予想対決である。7番人気クリノプレミアムが2着に入った中山金杯(G3)を見事的中してみせた黒井だが、こういう時に限って本企画はなし。正月休みが欲しくてやらなかったなんてことは、口が裂けても言えない。

黒井零(以下、黒井):今週から再開ということで気合を入れて予想していこうか。なんだか今年も波乱の1年になりそうな雰囲気が凄いね。

中川大河(以下、中川):5日から始まって9日まで5日中4日が開催日。緑の組織にまたお布施してしまいました。たまには返して欲しいもんです。

黒井:お年玉もらえなかったのね(笑)。こっちは馬券が当たっても、肝心のWIN5がサッパリよ。フォロワーの中に1300万を当てた人がいてびっくりだった。これじゃあ2011年の初回から皆勤賞のこっちは立場がない。早くこの仕事辞めたいのに……。なんか最近「くにへかえるんだな。おまえにもかぞくがいるだろう」って声が聞こえてさ。疲れてるのかねえ。

中川:さり気なく危ない発言するのやめてください。黒井さんが抜けたら、この企画終わっちゃうじゃないですか。

黒井:やっぱり億を当てるまでボロ雑巾のように頑張るしかないのか。じゃ本題の方に手を付けるか。

中川:早速ですが「◎」はヤマニンゼストです。鞍上も37年連続重賞Vを飾る好スタートを切った武豊騎手。最内枠をどうこなすかですが、2着に入った神戸新聞杯(G2)と同じ中京の芝2200mが舞台ですからね。55キロのハンデも恵まれました。

「特大万馬券」の使者を見つけたゾ!

黒井:あーそれ、こっちの「○」だわ。ノってるときの武豊騎手は違うもんね。いいよいいよ、いいと思うよー。でも「◎」はプリマヴィスタって訳よ。なぜか人気はなさそうだけど、それはそれで好都合。ハンデの54キロも手頃な上に、昨年5月の三方ヶ原S(3勝クラス)を2分9秒0のスーパーレコードで突き抜けた舞台設定だもの。年始の中京の芝コースは、そこそこ時計も速くて好走の期待も十分。M.デムーロ騎手で一発があるはず。

中川:守りに入った私と正反対ですね。こっそり複勝100円くらいは押さえさせてもらいます。ちなみに「○」はヴェローナシチーでいきます。鞍上も昨年に悲願のリーディングを獲得した川田将雅騎手。エピファネイア産駒だけに成長力に懸念はありますが、1月だからまだ賞味期限内でしょう。

黒井:でもなあ、人気してるんでしょどうせ。穴党なら、もっと夢を見たいところだねえ。かくいうこちらもヴェローナシチーは消せても、「▲」を打ったヴェルトライゼンデは消せなかった。この馬も神戸新聞杯のロバートソンキーと大差なかったんだよね。

中川:私も同じく「▲」の扱いです。勝たれてもおかしくないですし、あっさり飛んでもおかしくないタイプですよね。残りは「△」ロバートソンキー、「★」ハヤヤッコって感じです。

黒井:あらまあ、ハヤヤッコ以外みんな無難な馬にしちゃったのね。いつももっと変な穴馬を狙う中川君にしては珍しい。

中川:今年は的中重視で手堅く買うパターンも試そうと考えているので……。堅かろうが安かろうが当たってなんぼですよ。

黒井:夢を忘れた古い地球人ですかあなた!常識という眼鏡で僕たちの世界は、のぞけやしないのさ。

中川:何かは知りませんけど、どうせまた「いつものアレ」でしょ?やれやれだぜ……。私がロベルト系の馬を中心に選んだ理由も聞いてくれないし。

黒井:ん?なんだっけ?週末の天気が怪しいからだっけ?馬場が渋ったら渋ったで荒れることに変わりはないからなあ。

中川:ところで黒井さんの「★」ダンディズムというのが引っ掛かるんですけど、何か理由でもあるんですか?

黒井:上位人気馬が前でやりあったら、無欲の追い込みに懸ける馬の直線一気もあるかなって思ったの。2年前の尾張特別(2勝クラス)でキングオブドラゴンやイクスプロージョンに先着もしているし、昨年春の御堂筋S(3勝クラス)でもロバートソンキーを負かしているからさ。ハマれば面白いかもってね。

中川:プリマヴィスタもダンディズムも来たら特大万馬券間違いなしですね。いつも言っていますが、当たったら奢ってくださいよ。

■中川の予想
◎ヤマニンゼスト
○ヴェローナシチー
▲ヴェルトライゼンデ
△ロバートソンキー
★ハヤヤッコ

※買い目は三連単フォーメーションで、◎○→◎○→▲△★の計6点。

■黒井の予想
◎プリマヴィスタ
○ヤマニンゼスト
▲ヴェルトライゼンデ
△ロバートソンキー
★ダンディズム

※◎から印の相手に流して馬連4点。同じく3連複6点の計10点。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA「特大万馬券」の使者を見つけたゾ! ロバートソンキーら上位人気馬に隙あり…武豊ヤマニンゼスト以外もお宝馬券にワクワク【日経新春杯(G2)予想】のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  3. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  4. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  5. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  6. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】