NEW

今村聖奈、永島まなみら「勢揃い」の小倉で光る存在感…狙って美味しい「あの中堅ジョッキー」に注目

【この記事のキーワード】, ,

今村聖奈、永島まなみら「勢揃い」の小倉で光る存在感…狙って美味しい「あの中堅ジョッキー」に注目の画像1

 22日に小倉競馬場で行われた2R(3歳未勝利)では、藤田菜七子、古川奈穂、永島まなみ、今村聖奈ら女性騎手が勢揃い。JRA史上初となった15日の小倉12R(1勝クラス)に続き、女性騎手4人による2度目の直接対決が実現した。

 前回は4番人気ヒノクニに騎乗した今村騎手が勝利したが、今回も3番人気トーホウフランゴに騎乗した永島騎手が勝利。華やかな対決に観客は大盛り上がり。各メディアの注目も集まった。

 今週末以降も、4人の直接対決が実現する可能性もあるだけに、ファンにとっては引き続き楽しみな小倉開催になるはずだ。

今村聖奈、永島まなみら「勢揃い」の小倉で光る存在感…狙って美味しい「あの中堅ジョッキー」に注目の画像2
丹内祐次騎手

 女性騎手らが繰り広げた2度の熱戦の中で、抜群の存在感を見せたのが、今年デビュー20年目を迎えた丹内祐次騎手である。

 1度目は1番人気ダレモトメラレナイで3着、2度目は9番人気ミレディで2着と、人気馬でも穴馬でも馬券圏内に入る好騎乗。勝利こそ掴めなかったとはいえ、女性騎手たちにその手腕を見せつけた。

 昨年はキャリアハイを更新する64勝を挙げ、大躍進を遂げた丹内騎手。昨年度のリーディングジョッキーとなった川田将雅騎手や、「白毛のアイドル」ことソダシの主戦でもある吉田隼人騎手らと同期で、関東の中堅ジョッキーとしてご存じの方も多いはずだ。

 北海道出身で地元開催には力が入ることもあってか、特に昨年は夏の函館や札幌で好結果を残した印象がある丹内騎手だが、実は小倉においても驚異的な成績を挙げている点は見逃せない。

 昨年の小倉開催では計106鞍に騎乗し、単勝回収率129%、複勝回収率109%をマーク。どちらの券種もベタ買いで儲かるのだから頼もしい存在だ。

 また全場の成績をみても、小倉は札幌(単勝回収率210%、複勝回収率110%)に次ぐ2番目の高回収値。同じような乗鞍数だった函館(単勝回収率42%、複勝回収率118%)や新潟(単勝回収率101%、複勝回収率81%)と比べても、好相性な舞台であることが分かる。

 年初から中々勝利に恵まれなかったものの、22日の小倉1Rで今年初勝利を挙げた丹内騎手。昨年みせた快進撃の勢いそのままに、これからエンジンがかかってくる可能性も十分あるだろう。

 女性騎手の話題で盛り上がる小倉開催だが、馬券的な妙味では丹内騎手は「狙って美味しい」穴党の味方。2月末まで続く今後の小倉開催でも、積極的にマークしたい騎手かもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今村聖奈、永島まなみら「勢揃い」の小倉で光る存在感…狙って美味しい「あの中堅ジョッキー」に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 超良血「10冠ベビー」が黒星スタート…若武者×気鋭トレーナーが手痛い敗戦
  2. G1・34勝ジョッキーが「自己ワースト」更新中…共同通信杯で大チャンス到来も「深刻度」は和田竜二以上!?
  3. 武豊「偉業達成」の裏で空気一変!? 関西の名手が「負の連鎖」断ち切る快勝でドウデュースやエフフォーリアも油断禁物?
  4. JRA武豊「サザエさん観なきゃ」に福永祐一も苦笑い!? 迷言に多くのファンからツッコミも…東京新聞杯(G3)は揃って「あとワンパンチ」のダダ滑り
  5. 福永祐一「1番人気4着が多い」は嘘か本当か? 武豊、C.ルメール、川田将雅らと比較したら驚きの結果に
  6. JRA共同通信杯「エフフォーリアの勝利はわかっていた」伝説の一戦を見抜いた競馬界のレジェンドが推奨するクラシック候補
  7. お馴染み・細江純子氏の「暴走」が止まらない! 「私はサセコ」のぶっちゃけ発言に競馬ファン愕然
  8. JRA 岩田康誠「即日騎乗停止」でもはや四面楚歌!? 擁護の声は皆無に等しい日常の言動、関係者も危惧していた先輩騎手からの“後輩いびり”
  9. JRA大物離脱に鞍上交替…「風雲急を告げる」フェブラリーS(G1)、持っている騎手と持っていなかった騎手に「痛過ぎる」明暗
  10. 今村聖奈「ジジイ2人」武豊、福永祐一の襲来で急ブレーキ!?“台風一過”の大チャンス到来もまさかのアクシデント…