GJ > 競馬ニュース > 武豊「ソダシ弟」と刻む新たな白毛ストーリー。「世界レベルでやれる馬」絶賛パートナー乗り替わりも北の大地で大物候補と邂逅
NEW

武豊「ソダシ弟」と刻む新たな白毛ストーリー。「世界レベルでやれる馬」絶賛パートナー乗り替わりも北の大地で大物候補と邂逅

【この記事のキーワード】, ,
武豊「ソダシ弟」と刻む新たな白毛ストーリー。「世界レベルでやれる馬」絶賛パートナー乗り替わりも北の大地で大物候補と邂逅の画像1
武豊騎手

 武豊騎手を背に来月9日、函館・芝1800mでデビューが予定されているソダシの半弟カルパ(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)。G1・3勝の姉と同じく白毛の同馬は、今月15日に初めて函館競馬場で馬場入り。最初は若干テンションが高かったようだが、陣営は「すぐに慣れました」と順応性の高さをアピールした。

 管理する須貝師は以前から「新しいドラマを作って欲しい」と語るなど、カルパに相当の夢を抱いている様子。近況についても「背が伸びて成長している」と満足げなコメントを残している。7月上旬の初陣となったのも、ほぼ同時期にデビューを果たした姉ソダシを意識してのものだろう。当日の競馬場では大注目を浴びることに間違いない。

 そんな大物候補の初戦パートナーに抜擢されたのは武豊騎手。カルパの母の母シラユキヒメから連なる白毛一族とのコンビでは、ユキチャンで2008年の関東オークス(G2)を優勝。またこちらは白毛ではないものの、メイケイエールでも重賞を複数勝利するなど好相性を誇っている。

 ちなみにカルパを所有するのも、姉ソダシと同じく金子真人オーナーである。ディープインパクトやカネヒキリでいくつものG1タイトルを獲得した武豊×金子オーナーの黄金タッグが、ここから新たな白毛ストーリーを刻んでいくこととなりそうだ。

 なおカルパを手掛ける須貝厩舎といえば近年、G1ホースのソダシや重賞ウイナーのステラヴェローチェなど、主戦ジョッキーとして吉田隼人騎手を重用してきた。

 だが周知の通り、同騎手は今年5月のヴィクトリアマイル(G1)でソダシから降板。続く安田記念(G1)でもコンビが復活しないなど、両者はここにきて距離が離れつつある。それらの事情もカルパの手綱が武豊騎手に回ってきた理由の1つとして考えられるだろう。

「今月3日から始まった今年の2歳戦で、須貝厩舎はすでにテラメリタとヒヒーンが勝ち上がり。ここまで2戦2勝と実に快調な滑り出しを見せていますね。

またカルパの父モーリスも、9馬身差で大楽勝を決めたシュトラウスを含め早くも3頭が白星を挙げるなど絶好調です。好調な厩舎と父の勢いも背中を押してくれそうですね。Vを決めれば次戦にはソダシも制している札幌2歳S(G3)などが候補に挙がってきそうです」(競馬誌ライター)

 なおカルパの新馬戦と同日、中京競馬場ではプロキオンS(G3)が行われる。ここには武豊騎手が3月のドバイゴールデンシャヒーン(G1)でコンビを組んで5着に健闘したリメイクが、川田将雅騎手とのコンビで出走を予定している。

 ドバイでは勝利こそできなかったが、レジェンドはレース後に同馬を「世界レベルでやれる馬」と大絶賛していた。惜しくも継続騎乗とはならなかったものの、函館で将来有望な良血馬と巡り合う運びとなった。果たしてコンビで北の大地から全国へと羽ばたけるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「ソダシ弟」と刻む新たな白毛ストーリー。「世界レベルでやれる馬」絶賛パートナー乗り替わりも北の大地で大物候補と邂逅のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」