GJ > 競馬ニュース > 川田将雅「大出遅れ」単勝1.9倍でシンガリ負け…人気のモーリス産駒新馬2騎が東西で馬券圏外
NEW

川田将雅「大出遅れ」単勝1.9倍でシンガリ負け…人気のモーリス産駒新馬2騎が東西で馬券圏外

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅「大出遅れ」単勝1.9倍でシンガリ負け…人気のモーリス産駒新馬2騎が東西で馬券圏外の画像1
酒井学騎手

 10日、阪神競馬場の芝1600mで行われた2歳新馬戦は、5番人気のヒヒーンが1馬身3/4差で完勝。好位2番手からメンバー最速の上がり33秒9で直線抜け出し、最後まで後続を寄せ付けなかった。

 デビューVを決めた同馬について鞍上の酒井学騎手も「力を発揮して順当に勝ってくれたと思います」と納得のコメント。なお「ヒヒーン」というユニークな馬名は「馬のいななき」から取られているようだ。

 父ジャスタウェイ、母イイナヅケも所有していたヒヒーンの大和屋暁オーナーは、『競馬ラボ』に連載しているコラムに「この仔が強い馬になってくれれば、世の中も少しは明るく楽しい世界になってくれるはずでございます」とつづっている。ゆくゆくは海外G1を制した父のような大出世を期待したいところだ。

「大出遅れ」単勝1.9倍でシンガリ負け…

川田将雅「大出遅れ」単勝1.9倍でシンガリ負け…人気のモーリス産駒新馬2騎が東西で馬券圏外の画像2
川田将雅騎手

 その一方、単勝1.9倍の1番人気だった川田将雅騎手とフェンダー(牡2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)のコンビは、スタートで5馬身ほどの大出遅れ…。見せ場をほとんど作ることなくシンガリの10着に敗れている。

 モーリス産駒の同馬は、新馬戦から連勝で昨年の函館2歳S(G3)を制し、11日の函館スプリントS(G3)でも人気の一角となっているブトンドールの弟。調教では古馬オープンのアルサトワと互角の動きを披露していたこともあり、姉に続く初戦突破が期待されていた。

 なお一部メディアでは、追い切りに騎乗していたこともあって団野大成騎手を背にデビューとも報じられていたフェンダー。だが、最終的には川田騎手を配してきた。リーディングジョッキーが跨るということで、より人気を集めることにもなったか。

 しかしレースでは、いきなりスタートで大きなロス。そこから馬群に取り付いたフェンダーだったが、直線はほとんど伸びが見られず勝ち馬に3秒近く離された最下位で入線した。

「扉が開いた瞬間に馬が驚いてしまったのか、出脚が一息でしたね。陣営は戦前に『まだ子供っぽいところがある』と話していましたが、危惧した部分が露呈してしまった感じでしょうか。

ただ今回は敗因がスタートとはっきりしている上、500キロの馬体重もまだ余裕があるように見えました。次回は変わってくると思います」(競馬誌ライター)

 2歳戦の難しさを改めて感じさせられる結果となったが、圧倒的な人気を背負っていたこともあり、レース後には一部ファンから「川田やらかしたな」「いくらなんでも見せ場なさすぎだろ」といったコメントもSNSやネット掲示板などに寄せられていた。

 なお、この約10分後に行われた東京5Rの2歳新馬戦では、フェンダーと同じモーリス産駒のエリカエスティームが単勝1倍台の人気を集めていたものの、最後の直線で伸びを欠いて馬券圏外の4着に敗れている。

 先週はシュトラウスが9馬身差の圧勝を決めた種牡馬モーリスだが、この日は東西の新馬戦で1番人気を裏切る結果となってしまった。果たして両馬とも次戦で変わり身を見せられるだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅「大出遅れ」単勝1.9倍でシンガリ負け…人気のモーリス産駒新馬2騎が東西で馬券圏外のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か