GJ > 競馬ニュース > 福永祐一調教師「的確ジャッジ」で評価爆上がり!? 「ドバイに比べると…」忌憚のないコメントに絶賛の声
NEW

福永祐一調教師「的確ジャッジ」で評価爆上がり!? 「ドバイに比べると…」忌憚のないコメントに絶賛の声

【この記事のキーワード】, ,
福永祐一調教師「的確ジャッジ」で評価爆上がり!? 「ドバイに比べると…」忌憚のないコメントに絶賛の声の画像1
ヴェラアズール 撮影:Ruriko.I

 25日に行われた宝塚記念(G1)は、昨年の年度代表馬イクイノックスが優勝。1着賞金2億2000万円と付加賞369万6000円を加算したことで、総賞金が14億8918万8100円となり、日本馬の歴代賞金ランクで7位に浮上した。

 秋の大目標であるジャパンC(G1)を勝利し賞金5億円を獲得すれば、アーモンドアイを抜いて歴代トップに躍り出るだけに、大注目の一戦となることは間違いないだろう。

 一方、昨年のジャパンC勝ち馬ヴェラアズール(牡6歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)は、復権が期待された宝塚記念でもあまり見せ場を作れず8着に敗れた。

 昨春から芝に転向し、わずか6戦目でジャパンCを制覇。古馬の中長距離路線に彗星のごとく現れた同馬だが、暮れの有馬記念(G1)では10着に敗れると、今年初戦のドバイワールドC(G1)でも15頭立て13着と大惨敗を喫していた。

 ただ、有馬記念は雪の影響で輸送が大幅に遅れた上、ジャパンCの疲れも抜けきっていなかったようだ。また前走はドバイのダートが合わなかったと管理する渡辺調教師が話している。今回は地元・関西で芝のレースと条件が好転していたのだが、復活とはならなかった。

「道中は後方4番手。先行馬が総崩れとなった展開を考えると悪くない位置取りだったと思いますが、最後の直線は差を詰めるだけで終わりました。乗っていた松山弘平騎手はレース後、『最後は伸びているが、枠の並びなどで上手く流れに乗れなかった』と敗因を語っていたことから、ツキにもあまり恵まれなかったでしょうか。

また阪神競馬場はこれまで2戦2勝だったものの、ともに外回りだったことから、どちらかと言えば広いコースの方が合うと思います。東京で行われる天皇賞・秋(G1)や連覇のかかるジャパンCでもう一度見直したいところです」(競馬誌ライター)

福永祐一調教師「的確ジャッジ」で評価爆上がり!?

 復権は秋に持ち越しとなったヴェラアズールだが、そんな中、今年2月一杯で騎手を引退し、3月から技術調教師となった福永祐一調教師の評価が爆上がりしているという。

 今年2月末の騎手引退後は、3月に開催されたドバイ国際競走に出走したシャフリヤールなどの調教をつけるためドバイ入りしていた同師だが、現地ではドバイワールドCに出走したヴェラアズールの追い切りにも跨がっていた。

 そして今回、宝塚記念の最終追い切りでも、渡辺師がドバイ時との比較をしてほしいということで、福永師に同馬への騎乗を依頼。すると福永師は「ドバイの時はすごく良かったけど、その時と比べると……」などと、今回は完調までもう一歩といった旨の発言。実際にレースでも見せ場に乏しく敗れたのは先述の通りである。

 そんな背景があったからだろう、宝塚記念が終わった後のSNSやネットの掲示板などには「福永師のトーンが低かったのでヴェラアズールは軽視して正解だった」「正直なコメントをしてくれてありがたいの一言につきる」「間違いなく調教師でも大成功するわ」など、福永調教師の的確なジャッジを絶賛する声が多く見られた。

「レース前はあたかも絶好調のような発言をしていたものの、レースが終わるやいなや『実は……』などと、不安があった旨の発言を見かけるのは競馬をやっていると日常茶飯事。ですが、今回のヴェラアズールの件を見ても福永厩舎のコメントに関しては裏表がなさそうですね。いやぁ開業が待ち遠しいですよ、ほんと」(同)

 そのコメントの的確さには騎手時代から定評のあった福永師だが、それを今回も遺憾なく発揮してくれたようであり、これからさらに円熟味が増していくに違いない。来年3月の福永厩舎の開業を心待ちしたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

福永祐一調教師「的確ジャッジ」で評価爆上がり!? 「ドバイに比べると…」忌憚のないコメントに絶賛の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【小倉大賞典】10万馬券を演出した今村聖奈と分かれた明暗…「106戦1勝」の同期に訪れた試練の時
  2. C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」G1の舞台で超大物誕生の予感? 圧倒的な強さに陣営は米クラシックも視野…気になるのは「鞍上問題」の行方か
  3. 【フェブラリーS】ハイペース追走ウィルソンテソーロ「完敗」で初G1制覇持ち越し…今年重賞で「オール圏外」松山弘平には厳しい声も
  4. 「再生回数340万超」話題沸騰の武豊×蛯名正義コンビが好素材で白星! 期待される「あの超大物」に続く活躍
  5. 【フェブラリーS】「馬に申し訳ないです」騎手が謝罪の大敗もノーカン?人気急落だからこそ侮れない… 勝率「1.9%」でもアノ馬の激走に要警戒
  6. 武豊「ノーステッキ」でドウデュースの再現!? 格の違い見せた「久しぶりにこの馬らしい走り」…大本命の川田将雅は力負けの馬券圏外
  7. 【フェブラリーS】三冠馬の主戦はなぜ「最低人気馬」を選択したのか?「何だか勘違いされてる方いるみたい」渦中の調教師が憶測に反論
  8. 【フェブラリーS】なぜ川田将雅の代打が「リーディング50位騎手」なのか…最後のG1迎える名伯楽が託した「ロードカナロアの背中を知る」男
  9. あの「人気競馬YouTuber」がフェブラリーSで超高額配当ゲット!? 「払戻いってくるね」わずか1分40秒足らずで平均年収に近い金額もまさかの結末
  10. 【フェブラリーS】「元お手馬」のG1勝利に胸中は複雑?重賞初勝利で学んだ判断力の重要性…「鞍上強化」のお手本騎乗が今後の糧になるか