GJ > 競馬ニュース > 【チャンピオンズC】テーオーケインズ松山弘平も警戒?「武豊不在」でも頼れる助っ人を確保、アイコンテーラーが狙うサンビスタ以来の牝馬V
NEW

【チャンピオンズC】テーオーケインズ松山弘平も警戒?「武豊不在」でも頼れる助っ人を確保、アイコンテーラーが狙うサンビスタ以来の牝馬V

【チャンピオンズC】テーオーケインズ松山弘平も警戒?「武豊不在」でも頼れる助っ人を確保、アイコンテーラーが狙うサンビスタ以来の牝馬Vの画像1

 秋のダート頂上決戦・チャンピオンズC(G1)が、12月3日に開催される。注目は前走の南部杯(G1)で大差勝ちを収めたレモンポップや、これまで5戦5勝、無敗の3歳馬セラフィックコールだろう。

 しかし、主役はこの2頭だけではない。レモンポップやセラフィックコールにも引けを取らない注目馬が、牝馬アイコンテーラー(牝5、栗東・河内洋厩舎)だ。前走のJBCレディスクラシック(G1)でG1を初制覇の勢いそのままにここに駒を進めてきた。

 JBCレディスクラシック時は、騎乗予定だった武豊騎手が負傷した影響で松山弘平騎手が代打騎乗し、見事結果を出した。そのままチャンピオンズCも松山騎手がアイコンテーラーに継続騎乗するかと思われたが、今回の鞍上は短期免許で来日中の名手J.モレイラ騎手を予定している。

 モレイラ騎手は一時期「騎手引退説」も囁かれていたが、今年の成績は絶好調そのものだ。セントライト記念(G2)、東京スポーツ杯2歳S(G2)、京都2歳S(G3)など、日本の重賞で多数勝利を挙げている。アイコンテーラーにとっては心強い相棒と言えるだろう。

 ちなみに今回、チャンピオンズCで松山騎手が騎乗するのは6歳の古豪テーオーケインズだ。松山騎手にとってテーオーケインズは新馬戦からのお手馬で、先約の関係もあってかこちらを選んだ形だ。

 テーオーケインズは2021年の帝王賞(G1)とチャンピオンズC、2022年のJBCクラシック(G1)を制しており、間違いなく強豪馬の1頭ではあるが、今年はなかなか勝利を掴むことができていない。

 相棒としての期間が長いだけに、松山騎手も今までの悔しさを晴らすような勝利を今回のチャンピオンズCで飾りたいだろう。

松山騎手&モレイラ騎手も評価するアイコンテーラー

 しかしその一方で、松山騎手は今回のライバルであるアイコンテーラーの走りを高く評価していたことにも注目しておきたい。

 JBCレディスクラシックを勝利後、松山騎手は『東京スポーツ』の取材で「すごい強くていい競馬をしてくれました」「追ってからもいい脚を使ってくれましたね」と絶賛していたのだ。

 実は、この時の2着馬グランブリッジに騎乗していたのが、今回アイコンテーラーに乗り替わりとなるモレイラ騎手というのも興味深い。同じく『東京スポーツ』の取材にて「レースの流れも理想的で頑張ったが、1頭強い馬に負けてしまった」とコメントしている。その「強い馬」にこうして騎乗する機会が回ってきただけに、モレイラ騎手としても結果を出したいところだろう。

 アイコンテーラーは牝馬ながらも、ダート転向後はまだ底を見せていない。その走りは牡馬にも負けていないはずだ。もし今回アイコンテーラーがチャンピオンズCを勝利すれば、2015年に16頭中12番人気という低評価から栄光を掴んだサンビスタ以来の牝馬Vとなる。

 武騎手、松山騎手、モレイラ騎手と、この短期間で3人もの乗り替わりが発生したダートの女傑アイコンテーラーが、一体どんな走りを見せてくれるか期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【チャンピオンズC】テーオーケインズ松山弘平も警戒?「武豊不在」でも頼れる助っ人を確保、アイコンテーラーが狙うサンビスタ以来の牝馬Vのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か