GJ > 競馬ニュース > 「ルメール×川田を買っておけば……」から様相一変!? “2強ムード”チャンピオンズC(G1)は鞍上に「不安」あり?
NEW

「ルメール×川田を買っておけば……」から様相一変!? “2強ムード”チャンピオンズC(G1)は鞍上に「不安」あり?

「ルメール×川田を買っておけば……」から様相一変!? 2強ムードチャンピオンズC(G1)は鞍上に「不安」あり?の画像1
撮影:Ruriko.I

 先週末のジャパンC(G1)は、1番人気のイクイノックスが世界一の実力を見せつけて優勝。2番人気のリバティアイランドは2着こそ死守したものの、4馬身差をつけられる完敗だった。

 3~5着にも3~5番人気の馬が順当に入り、今年のジャパンCは実力馬がその実力通りに走ったレースだったといえるだろう。

 ワンツーを決めた2頭の鞍上に目をやると、イクイノックスはC.ルメール騎手、リバティアイランドは川田将雅騎手が騎乗。やはり、この秋よく耳にする「G1はルメールと川田を買っておけばいい」結末となった。

 先週のジャパンCで、この秋のG1シリーズは7レースが終了。そのうち実に6レースでルメール騎手(4勝)か川田騎手(2勝)が勝利を収めている。2週前のマイルCS(G1)こそ、その牙城が崩れたが、今後もG1で困ったときはリーディングを争う2人を買っておけば的中に近づくのではないか。

 ただし、今週末の12月3日に行われるチャンピオンズC(G1)は、これまでとやや様相が違っている。

 川田騎手が騎乗を予定しているのは昨年の2着馬で、前走のコリアC(G3)を圧勝したクラウンプライド。28日時点、『netkeiba.com』が公開している予想オッズでは5番人気に支持されている。

 一方のルメール騎手はグロリアムンディと初コンビを予定。同馬はコリアCで2着に入ったが、クラウンプライドに1秒7差をつけられる完敗を喫し、こちらは同オッズで8番人気想定となっている。

“2強ムード”チャンピオンズC(G1)は鞍上に「不安」あり?

「川田騎手とルメール騎手がそろって主役級とは呼べない馬に騎乗するのは、この秋初めてといっていいかもしれません。代わりにチャンピオンズCで2強を形成するとみられているのは、レモンポップとセラフィックコールです。

両馬とも前走を快勝しており、実力、勢いともに申し分なし。前者には若手のホープ・坂井瑠星騎手、後者にはJRAでG1を34勝しているM.デムーロ騎手が騎乗します。2人とも実力は間違いないですし、継続騎乗でパートナーともしっかり信頼関係を築けている様子。

ただ、G1の大舞台で川田騎手とルメール騎手のような全幅の信頼があるかというと、やや不安な部分もあります」(競馬誌ライター)

 実際に、坂井騎手は昨年秋の秋華賞(G1)から今年2月のフェブラリーS(G1)にかけて約4か月間でG1を3勝し、一気にブレークしたものの、JRAの重賞勝利はそのフェブラリーSが最後。その後は42連敗中と、G1どころか、重賞勝利から9か月以上も遠ざかっている。

 一方のデムーロ騎手もかつてはルメール騎手と双璧をなしていた存在だが、JRAのG1を勝ったのは2年前の阪神ジュベナイルF(G1)が最後だ。その後はJRAのG1で「0-1-0-30」。直近の2年間で馬券に絡んだのは、昨年のエリザベス女王杯(G1)だけである。

『netkeiba.com』の予想オッズを改めてみると、レモンポップとセラフィックコールは単勝オッズ3倍台で拮抗。3番人気のアイコンテーラーは10倍台なので、今週も“2強ムード”が漂っているといえるだろう。

 ただ前出のライターのコメントにもあったように、ルメール騎手と川田騎手に比べると、いささか不安に感じるファンも少なくないはず。終わってみれば、「やっぱりルメール×川田だった」というオチも十分考えられるのではないだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「ルメール×川田を買っておけば……」から様相一変!? “2強ムード”チャンピオンズC(G1)は鞍上に「不安」あり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か