GJ > 競馬ニュース > 【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?
NEW

【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?

【この記事のキーワード】, ,

【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?の画像1

 12月に入り師走競馬がスタート。今週末のチャンピオンズC(G1)をはじめ、2歳馬のG1も控えているが、一足先に暮れのグランプリ・有馬記念(G1)に思いを馳せているファンも少なくないだろう。

 先月16日からJRAの開始した『第68回有馬記念ファン投票』の第2回中間発表によると、得票数1位がイクイノックス(26万4987票)で、2位がリバティアイランド(23万7762票)となっており、奇しくもジャパンC(G1)と同じく2頭の一騎打ちといえる状況だった。

 ただイクイノックスは引退して種牡馬入り、リバティアイランドも年内は休養が既に報じられており、現役トップクラスの2頭を欠く結果となったのは、ハイレベルな戦いを期待するファンとしても非常に残念な結末かもしれない。

 しかし、二強が不在でも豪華なメンバーが集結しそうなのが、今年の有馬記念の魅力である。

 というのも中間発表で3位のジャスティンパレス、4位タイトルホルダー、5位ソールオリエンス、6位タスティエーラ、7位ドウデュースらは揃って出走を表明済み。さらに凱旋門賞(仏G1)で4着に好走したスルーセブンシーズの陣営も出走に前向きなのだ。

最大の注目は「武豊騎手×ドウデュース」の復活?

【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?の画像2
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 そして、イクイノックスとの直接対決で連敗したドウデュースも叩き3戦目。らしさのなかった天皇賞・秋(G1)を経て、ジャパンCで良化を思わせる4着に前進。3月のドバイターフ(G1)を左前肢跛行のため出走取消となった影響が、秋の苦戦に繋がったという見方もあるだけに、有馬記念での復活勝利も十分に期待できるはずだ。

 なんといっても最大の魅力は、絶対的な主戦である武豊騎手の復帰が見込めそうなことが大きい。天皇賞・秋当日のアクシデントで負傷したレジェンドは、予想以上に回復が遅れているとはいえ、チャンピオンズCの週に間に合わなくとも、それからさらに3週先の有馬記念なら、おそらく大丈夫と考えてよさそう。

「欲を言えばイクイノックスとリバティアイランドも見られたら最高でしたが、ジャパンCで素晴らしい走りを見せてくれた訳ですから、前者は種牡馬として、後者は来年の日本競馬を引っ張る存在として期待しましょう。

その一方で、馬券的には非常に面白くなりそうですよ。強い馬が強い競馬をするのも見応えがありますけど、公営ギャンブルという側面で考えれば、上位人気馬の実力は拮抗しており、配当的な妙味もありそうですよね」(競馬記者)

 言われてみれば、確かにガチガチの銀行レースに終わったジャパンCの馬連は、払戻も二強の組み合わせでわずか180円というもの。それでも儲かるだけの潤沢な資金を用意できれば、チャンスがなかったとは言えないが、3着にスターズオンアースが入った3連単でも1130円だったのでは、買い方も難しかった。

 これに対し、上位拮抗のメンバーなら、どの馬が勝ってもジャパンCのような払戻になることは、まずありえない。ジャパンCに参戦のなかったソールオリエンスやタスティエーラといった3歳クラシックを制した馬たちが出走してくるのも面白そうである。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【有馬記念】イクイノックス引退、リバティアイランド年内休養でも超豪華!皐月賞馬とダービー馬の激突も実現…最大の注目は「武豊ドウデュース」の復活?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か