GJ > 競馬ニュース > 【結果発表】「無敗三冠」ミックファイア×「武豊」ヤマニンウルス×「Mデムーロ」セラフィックコール! 3歳ダート3強の白熱バトル【GJ読者アンケート】
NEW

【結果発表】「無敗三冠」ミックファイア×「武豊」ヤマニンウルス×「Mデムーロ」セラフィックコール! 3歳ダート3強の白熱バトル【GJ読者アンケート】

【結果発表】「無敗三冠」ミックファイア×「武豊」ヤマニンウルス×「Mデムーロ」セラフィックコール! 3歳ダート3強の白熱バトル【GJ読者アンケート】の画像1

「今のダート勢は熱い!」

 今年は先日引退を発表したイクイノックスが世界No.1評価を受けましたが、サウジC(G1)をパンサラッサが、ドバイワールドC(G1)をウシュバテソーロが勝ち、秋のブリーダーズCクラシック(G1)でもデルマソトガケが2着に入るなど、ダート界も大きく盛り上がりました。

 今週末のチャンピオンズC(G1)、さらに年末の東京大賞典(G1)まで、今年のダート界は年の瀬まで例年以上の盛り上がりを見せそうです。

 そんなダート馬たちによる世界的な活躍に加え、国内でもミックファイアが南関三冠を達成し、他にも次々とニュースター候補が誕生。今回のアンケート「あなたが推すダート馬はどれ?」は予想以上に大きな反響があって編集部も驚いている次第です。

では、さっそく結果発表に行ってみましょう!

 

第1位 ミックファイア

 デビューから無敗の三冠達成は、トーシンブリザード以来22年ぶり2頭目。古くはオグリキャップやイナリワン、最近でもアジュディミツオーやメイセイオペラ、フリオーソなど、地方から中央の強敵に勝つような大物が出てくると、やっぱり応援したくなりますよね。「地方の星」「地方馬の活躍に期待」「地方からのスター オグリの再来」といった声が多く、今後ミックファイアが活躍することで、オグリキャップのような競馬ブームを巻き起こしてほしいです。

 残念ながらチャンピオンズCは回避することになりましたが、「中央馬、古馬との対決が楽しみ」とあるように、年末の東京大賞典には出走するとか。ここを勝ったら「地方から世界と戦える馬が出てほしい」という期待に応えて来年は海外でしょうか。遠征等、色々と大変でしょうが、関係者の方々の英断に期待したいですね。

 

第2位 ヤマニンウルス

 第2位はダートの超大物ヤマニンウルス。まだ2勝クラスを勝ったばかりですが、ミックファイアと同じ3歳馬だけに直接対決が楽しみです。ヤマニンウルスといえば、何と言っても2着馬に4.3秒もの大差をつけたデビュー戦。「新馬戦から注目してる」「新馬戦大圧勝が強烈なインパクトだった」「その強さに目を焼かれた」「勝ち方が異次元」などなど、“一目惚れ”した方も少なくないようです。

 また、「豊が乗っているから」「レジェンド最後の大物に!」「武豊騎手がべた褒めしている」など、武豊騎手とのコンビという点も人気の理由ですね。残念ながら前走は負傷の影響でC.ルメール騎手が騎乗していましたが、来年はかつてのカネヒキリやスマートファルコンのようにコンビ復活でダート界を席巻する存在になるかもしれません。目指せ、和製フライトライン!

 

第3位 セラフィックコール

 今週のチャンピオンズCの主役候補が、ここで登場。デビュー5連勝も然ることながら「後ろから捲りや差しで5連勝するダート馬はあまり見たことない」「あの末脚は本物」「ダート馬とは思えないほどの末脚」など、最後の直線で見せる爆発力は超大物の雰囲気がプンプンします。

 また、「ミルコのG1勝利インタビューが見たい」「ミルコ頑張れ」「デムーロとのコンビが好き」など、M.デムーロ騎手とのコンビも人気の理由。一昔前は大レースを勝ちまくったデムーロ騎手ですが、最近は勝利騎手インタビューの機会も減りました。セラフィックコールとのコンビが復活のきっかけになると良いですね。まずは今週末、よろしくお願いします。ミルコさん!

【結果発表】「無敗三冠」ミックファイア×「武豊」ヤマニンウルス×「Mデムーロ」セラフィックコール! 3歳ダート3強の白熱バトル【GJ読者アンケート】の画像2 上位はこんな感じですが、実はこの3頭の投票が全体の79.1%を占めました。地方・中央の違いこそありますが、3頭とも3歳馬なのが印象的。来年はダート三冠路線が大きく変わりますし、今からもう2024年が楽しみになってきますね。

 他には、やっぱりウシュバテソーロやデルマソトガケといった実績組の人気は、さすがといったところ。今回はビッグレースの多い2000m前後を得意とする馬を中心にしましたが、レモンポップを推す声も多かったですね。今回のチャンピオンズCで1800mを克服すれば、今後もっとハイレベルな争いになりそうです。

 今回もたくさんのご回答、ありがとうございました。

 それでは結果発表は一旦ここまでにして、また次回のテーマを考えたいと思います。引き続き、みなさまの参加を心よりお待ちしております。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【結果発表】「無敗三冠」ミックファイア×「武豊」ヤマニンウルス×「Mデムーロ」セラフィックコール! 3歳ダート3強の白熱バトル【GJ読者アンケート】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か