GJ > 競馬ニュース > 「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…ジャスティンパレスにママコチャと有力馬の「降板」相次ぐ若手騎手に同情の声
NEW

「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…ジャスティンパレス、ママコチャと有力馬の「降板」相次ぐ若手騎手に同情の声

【この記事のキーワード】, ,
「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…ジャスティンパレス、ママコチャと有力馬の「降板」相次ぐ若手騎手に同情の声の画像1
川田将雅騎手 撮影:Ruriko.I

 新馬、デイリー杯2歳S(G2)を連勝中のジャンタルマンタル(牡2歳、栗東・高野友和厩舎)が、川田将雅騎手との新コンビで朝日杯フューチュリティS(G1)に向かうことが、所属する社台レースホースから発表された。

 前走のデイリー杯2歳Sは最後の直線、内ラチ沿いわずか1頭分の狭いスペースから抜け出してくる、キャリア1戦の若駒らしからぬ味な競馬で2馬身差の完勝を収めた同馬。ここまで日本にあまり産駒数は多くないものの、ジャスティンパレスの半兄パレスマリス産駒であることも魅力の1つだ。

 今年の朝日杯FSは東京スポーツ杯2歳S(G2)覇者シュトラウスや、2戦2勝のエコロヴァルツなど好メンバーが揃いそうだが、3年前に7番人気グレナディアガーズを優勝に導き、昨年もダノンタッチダウンで2着を確保した川田騎手が跨ってくれることは、陣営にとっても心強いことこの上ないだろう。当日は最有力候補の1頭となるに違いない。

「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…ジャスティンパレス、ママコチャと有力馬の「降板」相次ぐ若手騎手に同情の声の画像2
鮫島克駿騎手 撮影:Ruriko.I

 その一方で、無念の乗り替わりとなってしまったのが鮫島克駿騎手である。

 ジャンタルマンタルのデビューから手綱を取り続けてきた同騎手。2馬身半差で勝利を収めた新馬の後、「目一杯追うことなくこれだけのパフォーマンスですから、先々が本当に楽しみです」と話していたことからも、早くから同馬の素質に相当惚れ込んでいたことは想像に難くない。

 そんな同騎手の期待に応えた走りで、前走のデイリー杯2歳Sも完勝したジャンタルマンタル。「この馬と必ず大きなところを獲るという気持ち」「今日はG2だったが、G1でも戦えれば。この馬の成長とあわせて自分もしっかり成長できるように頑張りたい」と、これからの展望を熱く語っていた鮫島駿騎手だったが、その矢先に無念の乗り替わりが決定してしまった。

 また鮫島駿騎手といえば今年、G1で有力馬の乗り替わりが相次いでいる。

 代表的な例が、横山武史騎手とのコンビで有馬記念(G1)に出走するジャスティンパレスだろう。昨秋、鮫島駿騎手とコンビを組むと神戸新聞杯(G2)で重賞初制覇。本番の菊花賞(G1)でも3着に好走した。

 しかし、有馬記念を前に無念の乗り替わり。T.マーカンド騎手と新コンビを組んだジャスティンパレスは7着に敗れたが、鮫島駿騎手は裏開催の阪神で騎乗していた。

 次に鮫島駿騎手にチャンスが回ってきたのが、今年の宝塚記念(G1)だった。新主戦のC.ルメール騎手がイクイノックスに騎乗する関係で再コンビとなったが、世界最強馬、後に凱旋門賞(G1)で4着するスルーセブンシーズに続く3着。決して悪い結果ではなかったが、次走の天皇賞・秋(G1)の鞍上に鮫島駿騎手の姿はなかった。

 また、今秋に川田騎手とのコンビでスプリンターズS(G1)を制したママコチャも前走まで鮫島駿騎手が騎乗。安土城S(L)1着、北九州記念(G3)2着と、オープン昇級後に苦戦が続いていた相棒にG1出走の賞金をもたらしたのは鮫島駿騎手のはずだったが、本番当日は裏開催の阪神で騎乗している。

 他にもチューリップ賞(G2)2着、桜花賞(G1)2着と牝馬クラシック戦線を賑わせたコナコーストもオークス(G1)ではD.レーン騎手に乗り替わり……。結果を残し続けている鮫島駿騎手だが、肝心の本番ではトップジョッキーに鞍上を譲ってしまう日々が続いている。

有力馬の「降板」相次ぐ鮫島騎手に同情の声

 そして、今回のジャンタルマンタルは2戦2勝で重賞制覇。主戦騎手として文句のつけようがない結果を残していただけに、SNSやネット掲示板などでも「この乗り替わりはさすがに可哀想」「ほぼノーミスだったのに」「この馬でサメカツの初G1制覇が見られると思ったんだがなぁ」などの同情の声が寄せられている。

「これは厳しい乗り替わりとなってしまいましたね……。ただ鮫島駿騎手が今年72勝なのに対し、川田騎手はほぼ倍の140勝を挙げており、昨年は騎手大賞も獲得しているトップジョッキー。また同じ社台レースホースが所有する皐月賞馬ソールオリエンスとも有馬記念で新コンビを組むことが発表されるなど、ここにきて両者は繋がりが強まっているように見えます。

それだけに鮫島駿騎手にしてみれば、タイミング的にもやや不運だったかもしれません。本当に残念だとは思いますが、弱肉強食の世界でもあるだけに、こればかりは切り変えていくしかなさそうです」(競馬誌ライター)

 またしても悔しい乗り替わりとなってしまった鮫島駿騎手だが、今年27歳となった若武者はレース後インタビューの受け答えなども素直で評判がよく、その人柄の良さから応援しているファンも多い。

 先週終了時点で関西リーディング7位につけていることから腕も確か。この悔しさを糧に、さらに精進してくれるはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「2戦無敗」G1挑戦も川田将雅にスイッチ…ジャスティンパレス、ママコチャと有力馬の「降板」相次ぐ若手騎手に同情の声のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  2. 今年6 勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  5. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  6. ソールオリエンス「完敗」で低レベル世代疑問が再燃も…5連勝で戴冠の「最強候補」が復帰間近、別路線でも明るい材料?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  9. JRA木幡育也「クビ引退」まっしぐら……処分決定も「甘すぎ」「プロじゃない」&親まで槍玉に
  10. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か