GJ > 競馬ニュース > イクイノックス、リバティアイランド、ブレイディヴェーグの意外な共通点「4000万円」とは? 今年JRA/G1・14勝の社台系一口馬主クラブの興味深い傾向
NEW

イクイノックス、リバティアイランド、ブレイディヴェーグの意外な共通点「4000万円」とは? 今年JRA/G1・14勝の社台系一口馬主クラブの興味深い傾向

イクイノックス、リバティアイランド、ブレイディヴェーグの意外な共通点「4000万円」とは? 今年JRA/G1・14勝の社台系一口馬主クラブの興味深い傾向の画像1
牝馬三冠馬のリバティアイランド。その意外な募集額… 撮影:Ruriko.I

スター軍団「社台系一口馬主クラブ」の意外な実情

 今年は例年以上に社台系一口馬主クラブの所属馬の活躍があった。

 3歳馬ではリバティアイランドサンデーレーシング)が桜花賞(G1)・オークス(G1)・秋華賞(G1)を制して牝馬三冠馬となり、皐月賞(G1)はソールオリエンス社台レースホース)、日本ダービー(G1)もタスティエーラ(キャロットファーム)、菊花賞(G1)はドゥレッツァ(キャロットファーム)、エリザベス女王杯(G1)はブレイディヴェーグ(サンデーレーシング)。

 古馬もヴィクトリアマイル(G1)と安田記念(G1)はソングライン(サンデーレーシング)、マイルCS(G1)はナミュール(キャロットファーム)、そしてイクイノックス(シルクレーシング)が宝塚記念(G1)、天皇賞・秋(G1)、ジャパンC(G1)を制した。

 さらに先週末に行われた2歳G1の阪神ジュベナイルF(G1)もアスコリピチェーノ(サンデーレーシング)が勝利している。ここまでサンデーレーシング、社台レースホース、キャロットファーム、シルクレーシングと4クラブの9頭で計14勝をあげており、今更ながら日本の競馬はクラブ馬抜きでは語れない。

 クラブで募集される馬の募集額はピンからキリだが、概ね1億5000万円から1000万円まで幅広い。となればイクイノックスやリバティアイランドはさぞかし高額で募集されたのではないかと思われがちだ。

 だが、実は中堅の評価(募集額)でしかなかったのだ。

イクイノックス、リバティアイランド、ブレイディヴェーグの意外な共通点「4000万円」とは? 今年JRA/G1・14勝の社台系一口馬主クラブの興味深い傾向の画像2
あのイクイノックスも4000万円!? 撮影:Ruriko.I

 ちなみに今年、日本中央競馬会(JRA)のG1レースを勝利したクラブ馬の募集額は以下の通り。


リバティアイランド 募集額4000万円
ソールオリエンス  募集額6000万円
タスティエーラ   募集額2800万円
ドゥレッツァ    募集額4000万円
ブレイディヴェーグ 募集額4000万円
ソングライン    募集額2600万円
ナミュール     募集額2600万円
イクイノックス   募集額4000万円
アスコリピチェーノ 募集額2400万円

 

社台系一口馬主クラブの興味深い傾向

 現役時代に約22億円を稼ぎ、種牡馬としても破格の50億円で売却されたイクイノックスは4000万円。ここまで8億円以上を稼いだソングラインは2600万円、日本ダービーを制したタスティエーラも2800万円となっており、億を超える募集馬と比較すれば非常にお得だったといえよう。

イクイノックス、リバティアイランド、ブレイディヴェーグの意外な共通点「4000万円」とは? 今年JRA/G1・14勝の社台系一口馬主クラブの興味深い傾向の画像3
タスティエーラも2800万円で募集されていた 撮影:Ruriko.I

 一方で、1億円を超えるような高額募集馬は文句なしの成績をあげたシャフリヤール、朝日杯フューチュリティS(G1)を制したグレナディアガーズなどの成功例もあるが、意外と期待に応えられていないことは興味深いデータだ。

 この傾向で今週末に行われる朝日杯FSを考察してみよう。朝日杯FSには3頭の社台系クラブ馬が出走する。

ジャンタルマンタル(社台レースホース)  募集額3000万円
シュトラウス   (キャロットファーム) 募集額5000万円
ミルテンベルク  (キャロットファーム) 募集額4000万円


 中でも、最も低い募集額だったジャンタルマンタルには大きな魅力を感じる。

 ここ数年、社台レースホースで3000万円前後で募集された馬は、ローズS(G2)を勝利し秋華賞2着のマスクトディーヴァ(2000万円)、フィリーズレビュー(G2)優勝のシングザットソング(2600万円)、フラワーC(G3)と紫苑S(G2)2着のヒップホップソウル(2800万円)、二冠牝馬スターズオンアース(2800万円)、チャレンジC(G3)連覇のソーヴァリアント(2800万円)と活躍馬が目立つ。

 ここまで2戦2勝、無敗でデイリー杯2歳S(G2)を勝利しているジャンタルマンタルは、同様に重賞を含む2戦2勝で阪神JFを勝利したアスコリピチェーノに通ずるものがあり、仕上がり早で2歳G1向きの馬といえよう。

 しかも鞍上の川田将雅騎手は、デビュー戦から騎乗していた2戦2勝のダノンマッキンリーではなく、これまで騎乗したことがないジャンタルマンタルに騎乗することに勝負気配が伝わってくる。

 さらに川田騎手は朝日杯FSに過去6年で4度騎乗し、2勝2着1回を含む【2.1.0.1】と抜群の相性を誇っているのだ。クラブ馬の勢いはまだまだ止まることはあるまい。その状況で行われる今週末の朝日杯FSは、ジャンタルマンタルの走りに期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

イクイノックス、リバティアイランド、ブレイディヴェーグの意外な共通点「4000万円」とは? 今年JRA/G1・14勝の社台系一口馬主クラブの興味深い傾向のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 「大躍進」のスワーヴリチャードに引けを取らない名種牡馬!?「海外制覇」フォーエバーヤングの活躍から見えるリアルスティール産駒の可能性
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. ドゥラメンテ産駒「ダート女王」がいよいよ戦列に復帰!「2度のすれ違い」を経て武豊と待望のコンビ実現へ