GJ > 競馬ニュース > 武豊「一段と嬉しく思います」区切りの大記録達成から5年3ヶ月…2024年初勝利は「縁オーナー」の記念日にも捧げるメモリアル白星
NEW

武豊「一段と嬉しく思います」区切りの大記録達成から5年3ヶ月…2024年初勝利は「縁オーナー」の記念日にも捧げるメモリアル白星

【この記事のキーワード】, ,
武豊「一段と嬉しく思います」区切りの大記録達成から5年3ヶ月…2024年初勝利は「縁オーナー」の記念日にも捧げるメモリアル白星の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

「お世話になっているオーナーの馬で区切りを達成できて、一段と嬉しく思います」

 時は遡ること2018年。9月29日の芦屋川特別(1000万下、当時)をメイショウカズヒメで制し、そうコメントしたのが、この勝利で前人未到のJRA通算4000勝を達成した武豊騎手だ。

 同馬を所有するのは「メイショウ」でおなじみ松本好雄オーナー。毎年多くの所有馬をデビューさせる大御所個人馬主の1人だが、もともとは武豊騎手の父であり元騎手の邦彦さんに魅了されて馬主を目指したという。武豊騎手にとっては父の代から家族ぐるみで付き合いの深いオーナーの1人である。

 騎手起用に関しては基本的に調教師に一任しているという松本氏だが、2007年、所有馬メイショウサムソンが凱旋門賞(仏G1)挑戦を表明した際には、鞍上を主戦の石橋守騎手(現調教師)から武豊騎手にスイッチ。馬インフルエンザの影響で遠征は取りやめとなったものの、国内でも武豊騎手とメイショウサムソンのコンビは継続され、同年の天皇賞・秋(G1)を1番人気で制している。

 また武豊騎手が落馬の影響で苦戦していた2010年代の前半、所有馬の多くを依頼するなど多大なバックアップをしたのも松本オーナーだ。そんな公私にわたって縁の深いオーナーと区切りの4000勝を達成できたことで、武豊騎手も喜びひとしおだったことは上記のコメントからも間違いない。

2024年初勝利は松本好雄オーナーの記念日にも捧げるメモリアル白星

 それからおよそ5年3ヶ月が経った2024年1月。通算勝利数を4466まで伸ばした武豊騎手が7日、京都2Rの3歳新馬戦で今年の初白星を挙げた。騎乗馬は松本オーナーの所有馬メイショウタムシバ(牝3歳、栗東・飯田祐史厩舎)である。

 ダート1800mの一戦でメイショウタムシバは大外15番枠からのスタートだったこともあり、終始大外を回る展開となる。だが早め進出から4コーナーで先頭に立つと、最後の直線は後続を突き放す一方。レジェンドは最後までノーステッキという非常に強い競馬だった。

 なお武豊騎手は2024年の初白星であると同時に、これが京都競馬場で通算1400勝というメモリアルV。前人未到の大記録を4000勝の時と同じく、またも松本オーナーの所有馬とともに打ち立てることとなった。

 また、その松本オーナーも前日の1月6日が86回目の誕生日でもあった。それだけにこの白星は、両者にとってもまた格別なものとなったのではないだろうか。

「最後まで本気で走り切っていませんし、能力は高いですね。これからが楽しみです」

 レース後、武豊騎手はメイショウタムシバの可能性についてそうコメントを残した。2024年も武豊騎手とメイショウのコンビが競馬場を大いに沸かせてくれそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊「一段と嬉しく思います」区切りの大記録達成から5年3ヶ月…2024年初勝利は「縁オーナー」の記念日にも捧げるメモリアル白星のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」