GJ > 競馬ニュース > 第2の“ルメール”は「M.デムーロ」タイプ!? 初参戦から2週連続の4戦連続3着以内…「人気薄でも持ってくる」新外国人A.ルメートルが魅せた爆発力
NEW

第2の“ルメール”は「M.デムーロ」タイプ!? 初参戦から2週続けて4戦連続3着以内「人気薄でも持ってくる」新外国人が魅せた爆発力

第2のルメールは「M.デムーロ」タイプ!? 初参戦から2週続けて4戦連続3着以内「人気薄でも持ってくる」新外国人A.ルメートルが魅せた爆発力の画像1

ルメールじゃない…ルメートル騎手が早くも実力発揮

「日本には以前から来たいと思っていたし、すごく興奮しています――」

 ルメールではなく、ルメートル……来日が決まり、その名が紙面を賑わし始めた頃から競馬ファンの間でも「ルメールじゃなくて?」「C.ルメとA.ルメ」「これは紛らわしい」など、その名前ゆえ、初来日前から注目を集めていたA.ルメートル騎手。

 それもそのはず。日本には昨年、イクイノックスとのコンビで世界No.1に輝き、リーディングにも返り咲くなど大活躍だった“本家”C.ルメール騎手がいる。それだけに、まるで偽物のような扱われ方だったルメートル騎手だが、日本初参戦から5戦目で初勝利を挙げると、わずか2週間で「その実力、侮ることなかれ」ということを示している。

 現在34歳ながら、フランスリーディングで13位→8位→5位とここ数年で頭角を現しているルメートル騎手。特に、昨年はブルーローズセンとのコンビで牝馬二冠を達成。スルーセブンシーズが4着に敗れた凱旋門賞(G1)当日のオペラ賞(G1)を制したのも、このコンビだった。

 来日初日となった6日から、いきなり京都金杯(G3)を含む10鞍の騎乗予定と日本の関係者の評価も上々で、5戦目に初勝利を飾った際は「日本での騎乗は、自分にとってすごく良い経験」「多くの方が競馬場に来られていますので、私の頑張っている姿を見てもらえれば」とファンへのアピールにも成功。さっそく日本の競馬に適応してきた印象だ。

第2のルメールは「M.デムーロ」タイプ!? 初参戦から2週続けて4戦連続3着以内「人気薄でも持ってくる」新外国人A.ルメートルが魅せた爆発力の画像2
ルメール騎手も侮れない実力? 撮影:Ruriko.I

ルメートル騎手はM.デムーロみたい?

 そんなルメートル騎手だが、来日2週目となったこの13日も、京都6Rで早くも日本3勝目。騎乗したインファイターは単勝1.9倍の大本命だっただけに厳しいマークにあったが、最後の直線で狭い進路を確保すると鮮やかに抜け出して見せた。

「(インファイターが)アーモンドアイやイクイノックスと同じシルクの勝負服だっただけに、最後に抜け出す姿は本家のルメール騎手顔負けの鮮やかさでしたね(笑)。

まあ、それは冗談ですが(初参戦)初日こそ日本のゲートや、スタート直後の駆け引き、ダートのレースなどに少し戸惑っている様子でしたが、すぐに対応する辺りはさすが経験豊富なジョッキー。このレースでもスタートから安定していましたし、しっかりとポジションを確保できていました。今年の年始競馬は初参戦の外国人ジョッキーたちが注目を集めていますが、その中から一歩抜け出してきそうな印象です」(競馬記者)

 なお、ルメートル騎手は続く7Rも3番人気のジャミーレで連勝。4勝目にして日本のダート初勝利となった。また、9R、10Rは共に7番人気で3着と騎乗機会4戦連続で馬券圏内を確保するなど、今度は穴党のファンを喜ばせている。

 また、実はルメートル騎手の騎乗機会4戦連続馬券圏内は、これが2度目。先週7日も1Rで10番人気の穴馬を3着に持ってくると7番人気2着→1番人気2着→6番人気1着と暴れまわった。

 一方で他のレースは初勝利を除くと、すべて馬券圏外。わずか2週のデータながら、今のところはルメール騎手ではなく、むしろM.デムーロ騎手のように波があるタイプなのかもしれない。

 結局、この日も騎乗機会4戦連続で馬券圏内を賑わせた後は、ともに着外。“第2のルメール”の狙いどころが早くも見えてきたか……。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

第2の“ルメール”は「M.デムーロ」タイプ!? 初参戦から2週続けて4戦連続3着以内「人気薄でも持ってくる」新外国人が魅せた爆発力のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」