GJ > 競馬ニュース > 横山武史「エフフォーリアタッグ」で海外挑戦も決定!「中央ダート重賞初V」から頂点へ…フェブラリーS(G1)でも主役候補 がスタンバイ
NEW

横山武史「エフフォーリアタッグ」で海外挑戦も決定!「中央ダート重賞初V」から頂点へ…フェブラリーS(G1)でも主役候補 がスタンバイ

【この記事のキーワード】, ,

横山武史「エフフォーリアタッグ」で海外挑戦も決定!「中央ダート重賞初V」から頂点へ…フェブラリーS(G1)でも主役候補 がスタンバイの画像1

 上半期のダート王者を争うフェブラリーS(G1)だが、近年はその地位が危ぶまれている。その理由は他でもなく、2020年に創設されたサウジC(G1)の存在が大きい。

 今年はフェブラリーSが2月18日、サウジCは同月24日と、例によって開催時期が近い2つのダートG1。注目度が高いのは、やはり高額賞金が用意されるサウジCの方だ。ここに「ダート2強」と目されるレモンポップとウシュバテソーロが参戦に名乗りを上げ、2頭の初対決も注目を集めている。

 劣勢に立たされているフェブラリーSだが、G1レースとしての威厳もなんとか守りたいところ。今年はこの舞台に早くから照準を定めたドライスタウト(牡5歳、栗東・牧浦充徳厩舎)が、本命候補の1頭として盛り上げてくれそうだ。

 昨年11月の武蔵野S(G3)を制した後、陣営は早くも翌年のフェブラリーSを大目標として、28日の根岸S(G3)をステップに出走を予定している。昨年のレモンポップと同じローテーションで昨年4着のリベンジを目論む。

 鞍上を務めるのは、武蔵野Sでテン乗りながら勝利に導いた横山武史騎手。昨年は関東リーディング1位に輝いた東のエースだが、実は中央のダート重賞を勝ったのは、意外にもこれが初だった。有力なパートナーを手に入れた今年はダート路線でも期待したい。

 17日、栗東の追い切りに駆け付けた横山武騎手は、ドライスタウトについて「重戦車のような安定感がありますね」と好感触。フェブラリーS制覇に向けて、順調に調整が進められているようだ。

「エフフォーリアタッグ」で海外挑戦も決定

横山武史「エフフォーリアタッグ」で海外挑戦も決定!「中央ダート重賞初V」から頂点へ…フェブラリーS(G1)でも主役候補 がスタンバイの画像2
セットアップ 撮影:Ruriko.I

 また、サウジCデーに開催されるサウジダービー(G3)ではセットアップ(牡3歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)にも騎乗が決定。横山武騎手にとっては2022年8月のシャーガーC以来、2度目の海外遠征となる。

 同馬とはデビュー以来4戦でコンビを組み、新馬戦では後にホープフルS(G1)を勝つレガレイラの2着と善戦、その後は札幌2歳S(G3)を勝利した。サウジダービーが初のダートだが、管理する鹿戸師は、同馬の母スリーアローが中央ダートで3勝を挙げたことから適性に期待している。

 エフフォーリアに代表される「鹿戸厩舎×横山武史」のタッグで迎える大舞台。同レースには、全日本2歳優駿(G1)で7馬身差勝利のフォーエバーヤングを筆頭に、ダート経験を積んだ強敵がエントリーしている。ここを勝てれば、その先のドバイや米G1などにも夢が広がるだろう。

 フェブラリーSからサウジダービーと2週連続、国内外で有力馬を任された横山武騎手。今年はダートでもさらなる飛躍を果たすか、その足掛かりとなる2戦に注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

横山武史「エフフォーリアタッグ」で海外挑戦も決定!「中央ダート重賞初V」から頂点へ…フェブラリーS(G1)でも主役候補 がスタンバイのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」